FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

時計仕掛けの世界

江戸幕府に政権が移って間もなくのころ、イギリスに神童、ニュートンが生まれる。
1642年のクリスマスに生まれたというから、東方の三博士に祝福された最後の神童だろう。
まだ、理性の時代には間がある。約百年後、フランス革命で、ようやく我々は理性の時代に入る。
中世の錬金術(Alchemy)の香りがするが、すごい神童だ。
高校の数学でLimit計算とその概念を習う。そして彼が発見した微分積分を習った。
高校の物理では、彼が解明した運動の法則と万有引力の法則を習う。
運動エネルギーと運動量の保存則は、その後発展する熱力学の基礎ともなった。

我々の世界は、一見複雑のように見えるが、
F=G×M1・M2/r^2
(2つの物質M1とM2の間に働く引力Fは、互いの質量を掛け合わた量に比例し(M1×M2)、2つの物質の距離(r)の二乗に反比例する。Gは万有引力定数)
で示される万有引力の法則に従い運航していることを示した。
人工衛星はニュートン力学がなければ打ち上げられない。
惑星探査のイトカワも無事ミッションを果たせなかっただろう。
数式は、考え出した人より時に雄弁になる。
その時 ニュートンは意識していたか不明だが・・・・
世界は時計仕掛けで正確に動いている。ニュートンの式はそれを語っていた。
教会の権威は揺らいでいく。

この世の中は時計仕掛け・・・・
だが、人間の心の底には、まだ、Alchemy時代の情念がたぎっている。鉛が金になればいい。
ないものを見たがっている。そして権威は言う。
こうあってしかるべきだ、こうに違いないと。
確信的言動に人間は弱い。
時計仕掛けの世界707-11 Ⅱ
ニュートンの式(理性)があれば、見えないはずの重力も見えてきたのに・・・・
どうしたものか・・・ビルのガラス窓に映る時計を、撮影していた。
スポンサーサイト



  1. 2015/02/26(木) 09:07:33|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<色温度(ホワイトバランス)  古典熱力学から物質の深遠、量子の世界へ 宇宙の果てへ | ホーム | Monochrome X 展に行ってきました。 やはり写真はいいなぁ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/463-aaff5c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR