FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Rollei赤外400S

去年 秋の撮影会用に 赤外線フィルム 100フィート缶 一缶を購入し、2本分ほど使用した所で、使い残したフィルムを缶ごと冷蔵庫のなかに入れ保管していた。使用期限は2016年3月、部屋の中だと、おそらく今年の夏は越せないだろう。フィルムが劣化し大きな斑点がでて使えなくなる。これは、赤外線フィルムの宿命だろう。
Rollei赤外703-8
心配になり、取り出し、マガジンに詰め、使ってみた。
Rollei赤外400Sフィルムはカタログによれば810nmまで感度を持つ。一方Rollei Retro80Sは、赤外部775nmまで感光する。たった35nmの違いだが赤外線効果は、確かに違うようだ。しかも、普通のパンクロフィルムとして使えるので気に入っている。しかし、現像が、少々厄介なこと、フィルムの保管に気を使うのが欠点だ。
Rollei赤外703-9
粒状性は細かく、ISO=400で使用でき、TRI-Xよりずっと高精細なネガを得る。パンクロフィルムとしても優秀。
Rollei赤外703-18
夕方、西の空をバックにR72フィルターをつけ、赤外線フィルムとして使用した。空は暗く落ちなかったが、樹の葉は白く浮き出た。        
Rollei赤外703-23
順光、晴天の条件なら立派な赤外線写真となる。
幸いなことに品質は劣化していない。 
スポンサーサイト



  1. 2015/02/08(日) 17:05:51|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Kentmere100フィルム | ホーム | Rollei Retro 80S フィルム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/452-927fc6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR