FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

トーンを調整する写真から、トーンを作る写真へ。

品川の キャノンギャラリーで森山大道の写真展「遠野2014」が開かれている。
散歩の脚を少し延ばし見てきた。
コンパクト・デジカメで撮影したカラー画像をモノトーンに変換したのか、最初からモノトーンモードで撮影したのかは不明。
デジタルで撮った作品。
いつもの、白黒の美しい独特のトーンで、まとめられていた。さすが、森山大道だと、圧倒されたが、次第に見慣れてくると・・・不安のほうが大きくなっていた。
行きつくところまで、来てしまったか?
2年ほど前見た、森山大道の写真展は、全てフィルムで撮影したもの。作品の細部をよく見ると、暗室内で印画紙と悪戦苦闘する氏の姿が想像できた。この部分は焼き込んだ、ここはマスクを切り抜き覆い焼きしたのか? そんな箇所を探しながら、全体のバランスを見る。すごい感性とそれを支えるテクニックだと・・・そうそう、真似できるものではないと感嘆していた。

「遠野2014」 2年前見た作品より、写真の品質は高いのだろう。細部を見ても、画像処理したであろう継ぎ目が良くわからなくなっていた。
しかし、部分部分を見ると、エッジが立った部分があったり、妙に白のコントラストが高い部分、ピントが不自然な部分などを見つけていた。しかし、境界はわからない。ぼかし方もうまい。
これは部分的ソラリゼーション処理したのか?この部分はトーンカーブをいじっている。空間フィルター処理(ノイズj除去、エッジ強調、平滑化)をこの部分には施している・・・と、想像できる。電線の部分は、ラプラシアン・フィルターか?この部分はアンシャープマスクか?など、考えながら、作品を見ていた。
すると、次第に森山大道氏の姿は後ろに下がり、ただ指示しているだけとなる。実際に写真を作っているのは、優秀なキャノンの技能集団になっていくような気がした。デジカメの画像処理に関しては、最高水準の企業である。優秀な人材は豊富だ。こうしたいと言えば、即座に画像処理のプログラムをライブラリーから探し、要求に答えてくれるだろう。
富士のデジカメには、プロビアかベルビアというモードがあるそうだ。
そのうち、キャノン・デジカメのエフェクトモードに「森山大道風」というモードがつけ加わる・のか・・・
----------------------------------------------
写真のネガが、湿式から乾式に変わったとき、ルイスキャロルは、きっぱりと写真を止めている。
乾板を購入して写真を続ければいいのにと思うが、それが許せなかったのだろう。
湿式で彼以上、上手に写真を撮る人は稀だったから。
手仕事としての写真は終焉を迎えているのかも。
「所詮、写真は現実のコピーさ」と、森山大道氏は達観しているのだろうか?
森山大道氏の暗室技術はすごい。フィルムに残る銀塩からトーン取り出し、画像を作る技術はピカイチだと思う。
しかし、氏はフィルムを捨てることになるだろう。
フィルムより、デジタルのほうが、自由度が高く、氏の好むトーンを作ることができるから。
それでも、フィルム?
---------------------------------------
画像処理に頼るのは好きではない。 
終焉を迎えたとしても、手仕事が好きだ。
687-11 Ⅱ
10年以上前のバージョンのフォトショップを使っている。境界を自動でぼかす機能もなければ、一次微分、二次微分の空間フィルターもない。あるのはトーンカーブと、明暗のレンジ、それでも、異様な(見慣れない)トーンを作ることはできる。
687-5 Ⅱ
1時間もPCの前に座り、試行錯誤し、トーンを作っていくと、いつもとテーストの違うトーンを作ることができた。
こんな、使い方・・・あまり好きでない。これを追及してなにか出てくるだろうか?
みんながみんなやりだしたら、陳腐な表現に成り下がっていく。感動を強要されたような陳腐な不愉快感が残るようになるだろう。。
トーンを整える程度で、止めるべきだと思っている。
--------------------------
去年、写大美術館でみた「アクシデント」展のほうが、「遠野2014」展より、良いと思う。
スポンサーサイト



  1. 2015/02/04(水) 19:01:08|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トーンを作ってみる | ホーム | 雪が降る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/449-53bfd7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR