FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Rollei Retro 80S フィルム(4) 赤外線フィルムとして使ってみる

Rollei Retor80Sのカタログには、スーパーパンクロなる文言が踊っていた。可視光より長い赤外線部まで 感光性がある。
Rolleiには infrared400Sという 赤外線フィルムもあるが、保存性が悪く、期間内であれ、高温になる室内に放置して置くと、劣化し綺麗な赤外線写真が撮れなくなる。Rollei赤外400Sの長巻フィルムは常に冷蔵庫の中に保存し、撮影するときだけ取り出し、フィルムマガジン、あるいは簡易のパトローネ)に詰めて使用している。
Retro80Sは750nm辺りまで感光するとのことなので、もし、赤外線フィルムとして使えるなら面白い。
720nmカットの赤外線フィルターを付けて、試してみた。
RetroFilm690-7.jpg
使用したカメラは、BessaR2S S型ニコンと同じマウントのカメラで互換性はあるが・・・・距離計の精度があまり高くないので、50mmレンズだとF:2.8くらいが許容できる限界。f:2とかf:1.4の絞りだと、ピンボケになる可能性が高い。
コシナは こういうニッチな部分を見つけるのはうまいが・・・商売としてどうなのかとも思う。
ニコンSのレンズがそのまま使えるというキャッチコピーに、思わず衝動買いしてしまったが・・・ファインダーが等倍であれば・・・距離計精度に関しては目をつぶるのだが・・・買ったはいいが、ほとんど35mmレンズ専用になっている。
BessaR2Sも 出番の少ないカメラです。
内蔵の露光計、見やすく、追尾式です。信用しても大丈夫な精度があります。(要は使いよう)
ISO100にセットし、露光計の指示通り写しました。
Retorfilm690-10.jpg
次にR72 filterを付け、シャッター速度を1/15秒から一段ずつ下げていき、4秒の長時間露光まで行い、ISO100対応の現像をしてみました。
4段から5段 露光を増やしたネガの調子がいい。それなりの赤外線効果はあるフィルムです。
粒子も細かく、使い勝手がかなり高いフィルムです。
もう少し、テスト撮影してみるつもり。

スポンサーサイト



  1. 2015/01/12(月) 12:59:39|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Rollei Retro 80S フィルム(5) ISO25でスナップショット | ホーム | Rollei Retro 80S フィルム(3)  逆光で撮影、ISO100とISO25の比較>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/431-1c0b161d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR