FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Rollei Retro 80S フィルム(2)  ISO25で使ってみる

2000年以降購入したフィルムカメラは、一式カメラ、BessaR,、BessaR2Sの3台。いずれも、露光計が内蔵されている。
一式カメラは、「等倍ファインダー」、「Lマウントカメラ」と 安原氏 一人でカメラメーカーを創業したというキャッチフレーズに引かれ、思わず購入していた。5万円近くしたと思うが・・・心意気がいいではないかと 購入していた。
製造は中国。おそらく江西光学だろう。中国では大きなカメラメーカーだと思う。
2000年頃の生産なので・・・当時の中国、品質管理は甘かったと思う・・・購入しても故障するカメラ多かったのでは。
2004年頃には会社は整理(倒産?)、一式カメラの修理は受けつかなくなった。
御多分に漏れず、故障、修理屋さんに頼んで直してもらった。内部の機構(メカ)はしっかりしているが、材質や機械加工精度に問題があるとの指摘でした。
壊れないよう、大事に取り扱うので、お散歩カメラで持ち出す機会は少ない。
今回は、このカメラを使って Rollei Retro80Sのテスト撮影をしている。
一式カメラDSC07000
カメラは ぼろくとも レンズはライカの誇るLマウント Summicron 50mm F:2 、沈胴タイプのレンズです。
等倍ファインダーは・・・スナップに最適なのですが、少し暗く、ピント合わせも(遠視仕様なのか?)あまりうまくいきません。F:2では ピントを外すことがあり、f:2.8辺りが ピント精度の限界のようです。(S型ニコンと比べるのは酷というものです。)
露光計も 読みにくく、精度も今一、いつも無視して使っています。
シャッターはちゃんと動くので、ピントが合いさえすれば、Summicronの写りとなる。
なにも、高価なライカボディーに手を出す必要はありません。
(どんなカメラでもいい。まず写せとの、土門拳の助言を 守っています。)
ISO25Rollei639-11.jpg
いつも使うTri-Xフィルムなら、f:5.6/500秒の露光を選んでいるだろう。f:8/500秒だと空に対して適正だが、それでは暗部が潰れると判断。ISO25ならf:4/60秒だろうと、セットし 撮影した。
暗いところも潰れず、このフィルム、ダイナミックレンジ(昔風に言えばラチチュード)が かなり広いフィルムです。
ISO25Rollei639-14 Ⅲ
大崎から、五反田の池田山公園へ移動。公園の老木に冬の陽がさしていた。逆光気味の撮影。TRI-Xなら f:4/500秒、ISO25ならf:4/30秒だろう。f:2.8まで開けたくない。1/30秒を選び、手振れしないよう、慎重にシャッターを押す。下の部分に大きくぼけた草があったので、そこはトリミングして調整した。
ISO25Rollei639-7.jpg
白金・自然教育園に入ったとき、陽は大分傾いていた。
近くの熊笹に焦点を合わせ 撮影。6.6判のように正方形にフレーミングすべき被写体だったかも。
ISO25 確かに このフィルム 低感度フィルムとして使ったほうが、粒状性、階調性とも良好である。
静物、ポートレート、風景など、三脚の使用が前提の撮影で使うフィルムなのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2015/01/10(土) 20:01:09|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Rollei Retro 80S フィルム(3)  逆光で撮影、ISO100とISO25の比較 | ホーム | Rollei Retro 80S フィルムを使う(1)  ISO100で使ってみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/429-7be1da46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR