FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

始めがあれば 終わりがある。

「終わりのない話」 
民話だったか? 詩集のタイトルだったか? 
響きはいい、不可思議さを感じるが・・・現実にはどうなのだろう?
始まりがあれば、必ず終わりが訪れる。
-------------------------------
1月5日 カメラを持って、家をでる。今年の初散歩となる。
年末、来年はもう少しフレーミングに気を配ろうと、重いNikon Fにフィルムを詰める。そして枠取りにはズームレンズが最適と、めったに使わない35-70mmのズームレンズを付けていた。
いつもの散歩道を通り、大崎駅に向かう。
何かが違う。見慣れた景色ではない。
何だろうと 足を止め、見回す。
桜の樹687-3
これだ。
桜の老木がなくなっている。
桜の樹の寿命は意外に短い。80年くらいだろうか?
剪定・枝打ちなどすれば寿命は伸びるようだが、そういう技術を持った人は限られているようだ。
この桜、毎年 春の楽しみ。春の訪れを、この樹で判断していた。
去年の春にも撮影している。確かに、樹の勢い/生命力の翳りをかんじていたが・・・まだ美しい花を散らせていた。
桜の樹DSC07938
葉桜の混じる頃、赤外線写真でもう一度この樹を撮影していた。
桜の樹630-6
それが 最後の艶姿となってしまった。
自然に倒れたら危険と判断し、伐採したのだろう。
苦渋の決断だっと推察する。
年末、この前を 何度か通り過ぎているが、切り倒されたのを気づいていない。
寒さに身を屈め下を向いて歩いていたのか?
桜の樹687-4
じっと、この写真を見つめると・・・暗示的だなぁと、思う。
切株の存在感が増してくる。
終わりのない話はない。
しかし、終わりは同時に、次の話の始まりを予兆しているだろうか?
-------------------------------------
138億年前 突如 この宇宙が出現したという。
ビッグバン!!
無限小から一気にインフレーションし宇宙ができる。
我々の住む宇宙である。
宇宙に始めがあるなら、終わりはあるのか?
現時点の観測では、宇宙の膨張速度は加速しているようだ。
それなら、終わりのない話?になるのか・・・・
始めと終わりは同じと唱える学者もいる。
まだ、結論は出ていないようだ。
-------------------------------
年輪の紋様に、何故か宇宙の広がりを感じてしまった。

スポンサーサイト



  1. 2015/01/07(水) 14:06:02|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どう撮るか 未だ迷い Try&Error | ホーム | 寝正月と窓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/426-6ca06389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR