FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

寝正月と窓

酒を飲んで眠くなると、寝て、起きたら風呂。
おせち料理を肴に、またお酒を飲む。
そんな生活を続けたら、あっという間に太ったようだ。
----------------------------
眼を開けると、夕方が迫っていた。窓の光がまぶしい。
普段気にしていないが、窓を見ていると、なぜか写真を撮りたくなっていた。
フレーミングするとは、窓/枠を作るようなもの。
現前の景色・光景を、窓/枠で区切る行為が写真なのだろう。
どんな画角で枠を作るか、何を撮り、何を撮らないよう枠を当てるか?
それが撮る人の見識。
起き上がり カメラを探す。
窓DSC06977
デジタルカメラで撮影してみる。撮ったらすぐ液晶画面でチェックする。
簡単に、よく撮れるものと思うが・・・何か 面白くない。写りすぎだ・・・
フィルムのカメラを探す。Nikon F にフィルムが入っていた。レンズは めったに使用しない35mm-70mmのズームレンズがついていた。
下に寝そべってフレーミングする。35mmにした。開放絞りF:3.5 それでは被写界深度が足りない。f:5.6にする。デジタルの結果から、f:5.6だと シャッター速度は1/2秒。それでは手ぶれする。三脚?を持ってくる? 面倒と1/8秒でシャッターを切っていた。
窓687-2
1月5日 ようやく外にでた。
散歩し、残っていたフィルムを撮りきった。
今年初めての現像をする。
暗部は潰れたが、窓は写っていた。
-------------------------------------
これなら 21mmの広角レンズで、天井の木目までフレーミングしたら面白いだろう。
三脚を立て、長時間露光になる。
陽が差し込み、畳の反射光で、天井が明るく照らし出される時間帯に撮影してみようか?
今年も、そんな試行錯誤しながら、撮影を楽しむ一年になるのでしょう。

スポンサーサイト



  1. 2015/01/05(月) 23:00:17|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<始めがあれば 終わりがある。 | ホーム | お正月ですが・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/425-764adfde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR