FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

境界の向こう

年の終わりが近づいたので、この一年撮った写真から ベスト40を選別しているが、今年は、フィルムだけでなく、デジタル・カメラでも たくさん撮っていた。カラーでも ベストを探そうと思った。
デジタルでは、フィルムよりたくさんのシャッターを押している。
たくさん写し、選別するのがデジタルの特性。おそらく5000カットくらいは撮影しただろう。
簡単に写るので、たくさんシャッターを切ったが、どうにか合格と思うカットは意外と少ない。ようやく100カットほど選んだ。
白黒フィルムからは一次選定で約300カット。
良いカラー写真を撮れなかったのは、カラー写真に関し初心者だからだろうか?
候補の中に2点、映り込みの写真が入った。
水底の世界DSC06660
2,3年前より、水面に写る光景が面白く、気づいたら撮っている。目黒川の川面に映る光景を、白黒のフィルムで撮影することが多かったが、この頃は、デジタルカメラで撮ることが多くなった・・・・が、面白いと思えるショットは少ない。
水底の世界DSC08627
これなど、19世紀末のスタイケン風写真になっている。
水底の世界2262-15 Ⅳ
これは候補から外れたが・・・カラーフィルムの発色に非現実性を感じている。
水底の世界DSC06627 Ⅱ
これは、候補にならない。デジタルカラーは 即物的、説明しすぎで、空想の入り込む余裕が少なくなる。色情報を消し、抽象したものでないと・・・空想の羽は、はばたかないのだろう。やはり、モノトーンかな。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/26(金) 21:55:38|
  2. 映し出された世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<街路樹を撮る | ホーム | 白金 自然教育園まで >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/418-c9891a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR