FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

踊りの練習を撮る

今年の夏、旧知の女性から「阿波踊り」に出るので、「撮る阿呆」にならないか というお誘いのメールを受ける。
久しぶりのメールに驚き/訝しく思ったが、誘いに乗り「撮る阿呆」をしていた。
小生から見たら、まだ若い女性だが、もう50歳を超えている。若い時は学究肌で日本史、特に近代日本史を勉強し、論文を書こうと資料集めをしていた。子供に恵まれなかったことを悔い、親戚の子を養子にとも思ったが、それもかなわない。
その人と、踊りが結びつかない・・・・
記念に、撮影したショットから何枚かを写真にして郵送した。
小生が、写真好きだったことを覚えていたのだろう。
阿波踊りの季節も終わった9月の終わりごろ、メールが届く。
礼状であった。よく撮れていると言ってくれた。今度、場所を借り個人で踊りの練習するので、その様子を撮ってもいいという。「撮ってください」と言わず、「撮ってもいい」というところが、この女性の心のスタンスなのだろう。
また「のこのこ」と出かける。
舞踏DSC04805デジタルカラーは得意ではない。人の動きを 液晶画面で捉え、ピントを合わせシャッターを切るのは、老眼となった現在、ほとんど不可能に近い。
舞踏669-8 Ⅴ使い慣れたレンジファインダーカメラなら、今となっても追うことはできる。等倍ファインダーのS型ニコンは最適。一番明るい Nokotn 50mm F:1.5を付けた。 室内なので、動きを止めようとするとf:1.5まで開ける必要がありそうだ。
舞踏669-22 Ⅲ照明設備のあるスタジオなら、綺麗に撮れそうだが・・・・ あまり使わないストロボを焚いて動きを止めた。
舞踏669-24 Ⅲ
お散歩カメラが主で、せいぜい花の接写撮影の時ぐらいしかストロボは使用しない。
閃光照明なので、どのような陰影を生むのか・・・予想は難しい。もう少し経験を積まないと・・・光を読めないなぁ~~と思う。
撮ったカットから 数枚 プリントし、郵送する。
数日後、メールが届く。礼状であった。そして、会わないかのお誘い。
新橋の喫茶店でコーヒーを飲んでいた。
その後、日本近代史の勉強は止めたようだ。発表する場所がないという。50歳も中ごろになると、孫の世話ができるはずだが・・・と寂しげだった。何かしないと、このままでは、毎日ご飯を食べ、年を取り、死ぬのを待つばかり。そんな人生は送りたくない。体を動かそうと思い、昔から興味があった踊りを始めた。踊って汗を流している瞬間が、生きているという感覚になれる。そして、このまま死んだら、ここに居たという記憶も残せない。その記録/記憶を残したいから、写真に撮ってほしいと思い、連絡したという。写真の出来に満足しているので、今後も撮ってくれないかとの・・・依頼であった。
自己顕示欲の強い人かもしれない。結婚し、家庭に入ってからは、いい奥さんになり、子供のいる温かい家庭をつくろうと夢見ていたのだろう。頭脳が明晰なだけ、現実とのギャップに苛立っているのか・・・・
どうしたものかと考える。そっとスナップ写真を撮るのは好きだが、今となっては、盗撮となる。撮らせてくださいとお願いしたら、表情は「作り物」になる。楽しくなくとも、写りを意識し「楽しそうな顔」をする。あるいは定番のピースポーズ。撮るほうも、ベストショットになるよう、気にしながら撮影する。自然な飾らない視線を撮りたいとは思うが・・・・
綺麗に撮れていれば、顔が写っていてもブログに載せてもいいという。しかし、載せるには 小生のほうに葛藤がある。旦那さんにも幾度かお会いしている。ハッキリと顔の写っているカットは・・・・
小生のブログは、「何に関心を持ち、どのように撮影したのか」を確認するためにのもの。
自分の写真スタイルを見直すため行っている。公開するのは副次的なものと思っている。
彼女の意図と、小生の撮るスタンス、食い違っているのではあるまいか?と危惧する。
どうしたものか・・・
もし、撮るとなれば・・・・来年は 「ポートレート、人物を撮影する」とは どういうことか? そんなことを反芻しながら撮影する一年になるのかも。今年は、風景写真のことばかり考えながら 写真を撮っていたような気がする。結論は出なかったが。

スポンサーサイト



  1. 2014/12/16(火) 09:46:31|
  2. 人物 ポートレート 踊り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そして 誰もいなくなった ・・・・・ 千葉 白里海岸にて  | ホーム | カラーで撮る、白黒で撮る。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/413-cd799c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR