FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

有楽町夕景  Minolta Hi-Matic Fとロモ400フィルムで

11月27日 グループの写真展最終日、会場に集合し、皆で打ち上げの会(飲み会)を行うという。
アルコールのふくよかな香りに弱い小生、4時半集合だが、少し前には現地に到着していた。
早すぎたので周辺を散歩し、カメラに収めていた。
----------------------------------------
有楽町は、小さいころから、幾度も通っている。
写真展の会場フレームマンギンザは西銀座デパートの並びにあり、上を高速道路が走っています。有楽町駅前の「そごう」(現在はビックカメラ)が先だったか、東京タワーのほうだったか・・・どうも記憶は曖昧になっている。昭和30年代の初めの頃の話になります。
高速道路とは言え、出来たときはほんの数百メートル、抜け道のようなもの、無料だった?と思います。新しもの好きの父は、買って間もない愛車を運転し、この上を走っています。東京オリンピックより6,7年前には完成していた・・・記憶はあやふやです。
現在は首都高の中に組み込まれていますから・・・首都高建設のテストだったのでしょう。
有楽町240-12
有楽町駅前のマリオン。
建て替えられる前の名前も・・・思い出せなくなっている。日劇ミュージック(上品なストリップ?)が開催された場所・・・子供が近づくことできない場所。それでも、映画やショーも行われていました。総天然色(古い言い方)の映画「砂漠は生きている」、ウエスタンカーニバル(ロカビリー/若者が熱気した)など、どういうわけか、その中に混ざり、楽しんだ記憶が残っています。(これはあやふやではありません。)
有楽町240-21
ガードをくぐり、山手線の内側へ、お堀端まで歩く。日比谷濠に銀杏が映え美しい。有楽町240-19
普通撮らない。デジタルでもレンズを向けないでしょう、ありきたりの光景だから。
しかし、すごい発色。フィルムの無駄だという、心の忠告を聞かずシャッターを押したもう一人の自分を褒めてあげよう。
ロモ400のフィルム、近くのプリントショップで380円(税別)、100のフィルムより50円も高い。高いだけのことはあるか。感度だけでなく、発色性も小生好み(派手好みです)。レンズはミノルタのRokkor おそらくテッサータイプ。ガラスの枚数が4枚と少なく、コーテングもかかっているので、色の抜けはいいのだろう。解像度もテッサー(鷹の眼)です。
有楽町240-20 Ⅱ
かがめていた体を起こし、ふと見ると、二人の姿が・・・こちらに向かってくる。
逆光だと思いながら、思わずシャッターを切る。
また、秒撮してしまった。ごめんなさい。
レンズのピントは3m位になっていたのでは・・・フレーミング、直ちにシャッターを切る。愛用するNikon SPやKievⅡ、ContaxⅡaより、シャッターチャンスに強い。露光をどうするかの選択肢がないだけ簡単である。
通り過ぎたお二人の姿に感謝し「ありがとう」と頭を下げました。微笑ましくいい写真だと・・・思います。
有楽町240-15
日比谷公園の樹に夕日が当たっているのに気付き、足早に公園に向かう。石垣の上に登ると、ベンチには読書する姿を散見。陽の光をレンズにあてると、カメラは明るいと判断し露光をアンダーしてしまうだろう。ここは、カメラを騙すしかない。フレーミングできる場所を探す。ここしかない。
有楽町240-16 Ⅱ
木漏れ日でも画面の中央に置けば、ゴーストも出ないだろう。風景を撮影するなら、水平線や垂直線は、正しく水平、垂直にないと「おかしい」と指摘されてしまうが・・・スナップはありだと思う。最初から斜めになるようフレーミングしていた。
なぜ?・・・・完璧な構図というものが嫌いなだけです。
-----------------------------------
写真を撮るに理屈や理論は必要ない。心の感じたものを直感で撮るべきだ・・・と言われたら、小生の撮影は、真逆だろう。この光なら、この構図なら・・・と始終気にし、露光の理論、レンズ画角、焦点深度、フィルムの特性、現像はどうするか・・・その諸々が、頭の中を駆け巡っている。対象物を見つけフレーミングしている瞬間も、確かに考え続けている。シャッターを切り、その瞬間を記録する。直感なる神秘な力を感じ、シャッターを切っていたことあるか?と自問してみるが、一度も思い当たらない。
「うまく撮れたか?」「どう撮れただろう?」「やったー、撮れたぞ」そのいずれかが、心に去来するだけ。
フィルムを現像するまで・・・その結果の確かめようもないが・・・・
----------------------------------
夕日は落ち、集合時間が近づいてきた。
会場に向かう。
有楽町240-23
数寄屋橋交差点の交番の屋根に新月が掛かっていました。


スポンサーサイト



  1. 2014/12/11(木) 12:41:46|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カラーで撮る、白黒で撮る。  | ホーム | 東品川海上公園まで秋の色を求めて散歩 (キャノンAutoboyとロモ100フィルム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/411-ea7c8b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR