FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

寒月 

目の前の「もの」あるいは「出来事」をコピー(記録)するのが写真だと、最近になり、ようやく気づいた。
そんな簡単・自明なことも分からなかった・・・何年シャッターを押してきたのか?不明を恥じるばかりである。
美しい写真撮りたいか?と聞かれたら、少々躊躇する。
「美しい」撮影スポットに行き、シャッターを押せるだろうか?と自問する・・・アンセル・アダムスのハーフドームの写真が心のなかで散らつく。写真には、写した人も同時に写され/記録されている。風景写真のハードルは高いと思う。
ハーフ・ドームの写真には、確かにアダムスが撮影準備している気配があり、それを隣で見ている小生が居た。
これが、風景写真だろう。風景を媒介にして、人と人が結びつくこと。アンセル・アダムスの写真は、「どうだ上手いだろう」と自慢するものでもなければ、「見ろ、どうだこの雄大な自然は・・・」と説教を垂れているわけでもない。自然への崇拝の念が、静かに写しこまれている。
クーデルカも、撮った写真を見せるとき、羞恥心を感じたという。なぜなら、そこに、大事な彼の精神が宿っているから。これが、上質な写真というものだろう。
歌手は、うたう。そこには喜怒哀楽があり、聞く人の心に迫ってくる。音楽が媒介となり歌手と聴衆の間にわくわくする世界/関係が開ける。単に美しい歌声だけでは、世界は閉ざされたまま、だれもその世界に入りたいとは思わない。
画家は、絵に己の人生を重ねる。静かな静物の絵もあれば、怒りの絵もある。単に技巧だけの上手な絵では、見向きもされない。心の琴線に触れるものがあるから、歌手は歌を歌い、画家は筆を持つ。
目の前の「もの」「出来事」に、何かを感じて、シャッターボタンを押す、その瞬間の何かをつかみたいから・・・それが写真を撮ろうとする行為だろうと思う。「何か」写っていれば、写真を見る人との媒介になると信じたい。写真には、撮った人も写っている。
月682-32 Ⅱ Trimming
アンセル・アダムスの写す「月のある風景」に感化されているのかもしれない。 一年ほど前にも、何回か月を撮ろとしていた。地上の明るさと月の明るさ、調和させるのは難しい。しかし、何かある。 もう一度挑戦してみようと思っている。
-------------------------------------
撮影に使用したレンズは 戦後東西に分かれたツアイスが、西ドイツ オプトンの地で再建した工場で、初めて製造した50mm F:1.5ゾナー最初のロット2000本のなかの一本。カメラは、オプトンで作られたContaxⅡaを使用している。
後楽園で使用したレンズは、戦前ツアイスのイエナ工場で作られた50mm F:1.5ゾナー。 同じゾナーだが、戦争で分断し、東西ドイツでそれぞれ生産された。オプトンゾナーもいいとは思うが・・・戦前のゾナーのほうが小生の好み。依怙贔屓かもしれません。久しぶりに使ってみました。
-----------------------------------------------------------------------
二日前の夕刻、月を追い、モノレール汐留駅の方向に歩いていた。
露光はどうしよう?・・・・都会のビルはシルエットになってもいい、月のうさぎをしっかりと撮れれば・・・と、立ち止まり、ダイアルを設定する。絞りはf:8 シャッター速度は1/500秒にした。
見上げ月を追うと、地上を「ユリカモメ」が通り過ぎていくのに気づく。慌ててファインダーを覗きシャッターを切る。どこまでも広がる空とちっぽけな地上の景観・・・地上を見下ろす月・・・??何を感じていたのか、縦位置のフレーミング、地上をすこし、空の部分を大きくとり、撮影していた。
現像が上がり、PCに取り込む。縦長の画面、大きく夕空が広がる。上部に間延びした空間が広がっていた。フレーミングのミス。三つの明るい光が目につく。左下の朝日新聞のマーク、右下のユリカモメのガラス窓、それに中央の月・・・・トライアングルになっている。空の部分を大胆にトリミングしていた。朝日新聞社のマーク、撮影しているとき意識には入っていなかった。(見えてはいませんでした。)
月のうさぎ、耳の形ハッキリ写っていました。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/04(木) 18:58:03|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大井町まで散歩 | ホーム | ある一瞬  (全て放下すれば・・・・なるようになるさ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/408-f6726065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR