FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

「傷だらけのゾナー」 テスト撮影 そのレンズの味わいは?

今、手元に「傷だらけのゾナー」がある。
4年ほど前、yahooオークションで手に入れたもの。
ネットサーフィンしていると、S型ニコンは、ContaxⅠ(通称ブラコン)のフランジバックを採用し設計しているとの記事に出会う。
それなら、Ⅰ時代のレンズ(ゾナー)ならニコンSPと完全な互換性があるはず・・・と、確かめる意味で落札していた。
ブラコン時代のゾナー、良品は非常に高価だが、ジャンク品なら500円MAXだろうと・・・・セリに参加していた。価格は上昇、結局2000円で落札した。
商品説明でもレンズ表面に傷があるジャンク品と断り書きがある。受け取ってみると、確かに細かな傷が無数にあり、曇りガラス状態だった。う~~んと唸り、そのまま2年ほど・・・ピントが合うかのテストもせず、防湿庫の片隅に。
SonyNEX-3のミラーレスなら、ピントの問題は解決する。
ソフトフォーカスレンズになるのでは?と思い直し、日の目を見るようになった。
傷だらけのゾナーDSC04909
f:2の開放で撮影。
光の状態は、曇天。柔らかな空の光が当たっているだけ。太陽の日差しが入ったら輝くように滲むだろう。
ボケ具合柔らかく、このレンズでしか出せない味がある。
傷だらけのゾナーDSC05016
f:8まで絞るとかなりしっかりした画像になるが、やはりどこかソフトな感じがする。
傷だらけのゾナーDSC04835
開放f:2では被写界深度が浅い。上部の枯れた小さな向日葵にピントを合わせたが・・・解像度不足だろう。背景のボケ柔らかく、小生の好み。
傷だらけのゾナーDSC04839
f:4まで絞ると枯れた向日葵の解像感はよくなる。背景や、白い柵が目立つようになり、主題(モチーフ)が目立たなくなる恐れがある。どっちがいいか考えてしまう。
このレンズ、光が柔らかい状態で、f:2の開放で使ったら面白いかも・・・・と思い。スナップ撮影していた。
傷だらけのゾナーDSC04857
ピントは合っているような、外しているような・・・(外しているでしょう) 解像感はありません。絵画風でもありませんが・・・ポートレートを撮影したら、肌のディテールは柔らかく滲むような調子に仕上がるかも・・・このレンズでポートレート撮ってみたい。
傷だらけのゾナーDSC04862
正統なスナップ写真ではありません。しかし、こういう切り取り方が好き。
現在の高画素レンズでキリッと撮ったら面白かったかも。
1960年以降 カメラは大衆化し、厳密/効率的な生産管理のもと、工業製品となった。
名前が同じレンズなら、同じ写りが保障される。しかし、大量生産では手作り感は失われる。鏡胴/作りもなぜか安っぽく感じる。
戦前のf:1.5ゾナーの鏡胴は真鍮製にクロームメッキを施し、今も輝いている。ずっしりとした重量感があり、かすかな擦れがあるだけ。手にすると、工芸品(宝物)と崇めた歴代の所有者の心配りを感じる。
マイスターが一つずつ調整し組み合わせ、レンズに仕上げていく。同じ名前のレンズでも、微妙に違い、好みのレンズにぶつかったら、余人を以って代えがたし。(人ではないのですが・・・思わず)
しかしこの「傷だらけのゾナー」あまりにも傷が多い。歴戦の勇士か、どんな修羅場をくぐり抜けてきたのだろう? 
老兵は静かに消え去るのみ・・・にはさせたくない。


スポンサーサイト



  1. 2014/11/28(金) 11:46:18|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真展 出品作 顛末記 | ホーム | 中原口の夕景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/404-1d607506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR