FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

中原口の夕景

夕刻 近所を散歩していた。足は五反田方面へ向かう。
第二京浜国道と中原街道の分岐点近くで、撮影していた。
都会の景観を21mmの広角で収める。
中原口673-6
一つのビルを、超広角レンズで捉えると、デフォルメされた形に人の姿を重ねてしまう。
このビル、空に向かい何ごとかを叫んでいるように感じる。
中原口673-9
どうだと言わんばかり威風堂々と立ち、二手に分かれ、あるいは合流する 自動車の流れを見下ろしている。
遠くから、ビルを撮ると、変哲もない都会の景観に過ぎませんが・・・
中原口673-31 Ⅱ
分岐点 昔風に言うなら追分・・・中原追分か。中原追分にはミニ公園があり、円形のベンチがあるが、座っている人をほとんど見たことがない。真ん中にハナミズキの樹が植えられていて、春には白い花を、晩秋になると葉は赤く紅葉する。三方を国道に囲われた三角形の土地。外に出るためには、坂を上がり、横断歩道を渡るか、歩道橋を上るしか方法はない。袋小路のような場所である。
中原口673-32
ママチャリが一台置かれていた。放置自転車ではない。五反田の駅まではまだ距離がある。ショッピングできる店はまばら・・・卸売センターへ行くには、この歩道橋を渡ればすぐだが・・・卸売センターには、駐輪場がある・・・???三方を国道で囲まれたこの土地に建つのはビルばかり、人家などあるはずもない・・・ 疑問が膨らんでいく。
どこから来たのか? どんな人だろう? なにが目的で、ここに停めたのか?
ママチャリ、心の中で鈍く光り、存在感を増していった。
スポンサーサイト



  1. 2014/11/26(水) 09:46:49|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「傷だらけのゾナー」 テスト撮影 そのレンズの味わいは? | ホーム | 夕方の後楽園にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/403-dc579b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR