FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

眼に見えない何か・・・・

岩肌を抱きかかえるように太い根が巻き付いていた。
眼には見えないけれど、何かを感じているのか・・・・写真仲間が集まり、盛んにシャッターを切る。
各自何を感じ、どう捉えたか? 
12月の定例会では見せ合うことになるでしょう。
---------------------------------------
対象をどう捉えるか?
写真の場合、眼前に対象物(被写体)がないと成り立たない。
画家の場合は、デッサンを重ね、対象の本質に迫ろうとする。
全ては画家の心にあり、腕がそれを覚えている。
触発されたものは、アトリエに戻ってから、画家の手によって紡ぎだされ、作品となる。
絵画と写真の大きな違いだ。
しかし、カメラを持つ者も、心の動きは同じだろう。
眼前の対象物の何かに触発され、それを確かめるため、シャッターを切っている。
樹の精2260 2014年11月10日-21
それが写っていたら・・・あの時見えなかったのはこれだったのだ・・・やったぁという気持ちにさせてくれる。
フィルムで撮影したためか、油絵具で描いたような色の深さがある。
実際は薄暗く色彩に欠けていた。見たときの印象とはかけ離れている。
白い山羊でも配したら、古い西洋絵画の趣が出てくるのでは?若い女性でもいいか。
デジタルでは、どう撮れたのだろう?次回の定例会が楽しみ。
樹の精680-15
なぜかエロチックな感じがする。撮ったとき、少しもこのような雰囲気を感じさせていなかったのに・・・
見えていたのに気づかなかっただけか?いやそうでもないだろう。
見えないが、確かに感じるものが写っていた。
紅葉を撮りに行ったのですが、これが今回の撮影会で撮った、ベストショットだと・・・・思っています。
スポンサーサイト



  1. 2014/11/21(金) 09:21:42|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紅葉を求め散歩する | ホーム | 浦山ダム 夕景  (Formapan400)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/400-e5876056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR