FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

紅葉をモノトーンで表現できるか? (フィルター効果を確認)

11月10日 写真同好会のメンバーと秋の撮影会で秩父の浦山渓谷へ行ってきました。
撮影は、午後1時から4時までの3時間ほど。
午前中は晴れて太陽の日差しがまぶしかったが、渓谷に入るころになると、雲が出て、渓谷に光は入ってきません。
わざわざRollei赤外400Sフィルムを、カメラに詰めていたのですが、期待外れの結果になってしまいました。
----------------------------------------------------------
撮影してみて、改めて、自分の不明を感じるばかり。(無謀さを・・・)
風景の撮影には、フィルムなら従来とおり、大判カメラに、がっちりした三脚。いまなら、画素数の大きいデジタル一眼とがっちりとした三脚が、必須の組み合わせ。それを、35mmのレンジファインダーカメラに50mmレンズをつけ、白黒フィルムで手持ち撮影、たしかに正気の沙汰ではない。
風景は絞って、ピンを利かせて撮影するのが基本。ボケを生かす場合は、望遠接写に近い感覚。スローシャッターになりがちなので、三脚は必需品。メンバー全員(小生以外)がっちりとした三脚と高性能デジタル一眼を携帯していました。
がっしりとした三脚そのものを、所有していない小生は・・・風景写真を撮るなど、おこがましいのかも。
しかし、レンジファインダーカメラ、白黒フィルムで撮影すると宣言した手前、シャッターを押し続けた。
秩父フィルター無し677-2
フィルムはRollei赤外400S、パンクロフィルムの感光域が赤外部まで伸びたフィルム。フィルター無しだと、パンクロフィルムとほとんど変わらない特性を持っている。感度はISO400である。曇り空、渓谷ないの光線状態は白黒向きではない。光の当たり方はフラットで優しく、光の強弱がなく、カラー向き。カラーフィルムなら、色温度が気になるところだが(どんな発色になるか)デジタルなら、ホワイトバランスはカメラが自動で合わせてくれるし、RAWで撮影しておけば、現像時、色温度をコントロールすればいい。
しかし、白黒のフィルムで・・・モノトーンの濃淡で紅葉の色彩を表現できるだろうか?! どうしたものか・・・
Rollei赤外400S、フィルター無しでは、階調性の高いフィルムになる。
撮影すると墨絵風写真になっていた。春の新緑の頃なら雰囲気ある写真が撮れそう。しかし、紅葉かなぁ? (粒状性も意外といいので風景に適している。むしろISO100のフィルムではないかと疑っている。)
秩父Gフィルター678-11
Tri-Xフィルムに換え、緑のフィルターで撮影してみる。
フィルター無しより、明暗差が強調され、手前の紅葉が白く輝いた。
秩父R72フィルター677-10
Rollei赤外400SにR72フィルター(720nmカット)を付けて撮影。陽がさしていないので、それほどの赤外線効果は期待できないが、白黒の対比は強くなる。
露光が1,2段足りないことも、対比を強めた原因になっている。
ISO400のフィルム、フィルター無しだと、f:5.6/250秒、緑のフィルターを付けると2段プラス補正して、f:5.6/60秒、赤外線の場合、さらに2段プラスして、f:4/30秒で撮影してみたが、さらに1,2段プラス補正する必要がある。f:2.8/15秒か、f:2.8/30秒を選ぶべきだった。(と、現像してから反省)
渓谷の紅葉、明暗差はあまりないものと予想し、明暗差を強調するため、黄色(Y2)、緑色(G)、赤色(R2)の三枚のフィルターを持参。試してみたら、意外とR2フィルターが効果的だったので、驚いている。ただし、デジタルでないので、効果は帰宅後現像し判明。今回の撮影では、Gフィルター多用していた。(後の祭りです。 でも、いい経験をしたと思う。)
秩父緑フィルター679-5
これは、緑のフィルターを付けて撮影したもの。
秩父赤フィルター679-9
同じ場所を、赤のフィルターを付けて撮影したもの。
階調性が、違います。紅葉の撮影に、意外と赤色フィルターがいいのですね。小生にとっては、意外な発見でした。(ベテランの人から見たら当たり前かもしれませんが・・・)

スポンサーサイト



  1. 2014/11/14(金) 10:32:02|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紅葉をモノトーンで切り取る (1) Rollei赤外400S フィルム | ホーム | 一葉落ちて・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/393-cd294b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR