FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

光を・・・ 大崎・夜景(2)  オールドレンズ ズミクロンで撮ってみる

夕食の前、デジタルカメラで撮影した大崎の夜景をチェックしていた。
ISO1600にあげ、手持ち撮影だった。広角レンズなので、シャッター速度は遅くしても、手振れは少ない。手すりや、木の幹にカメラを付け、そっとシャッターを切れば、どうにか手振れを防止できる。
しかしもっと鮮明に写したい。フィルムのカメラを見るとまだ20枚ほど残っていた。三脚を手に取り、大崎に向かっていた。カメラは コシナの作ったBessaR Lマウントのレンズを付けることができる。もう10年くらい使っている・・・デジタルならそろそろ電子部品の耐用年数が過ぎ、修理不能になっているだろう。しかし、小生にとっては依然として最新鋭のカメラです。
レンズは、ライカの誇るズミクロン(Summicron 50mm F:2 )沈胴レンズです。1955年製ですから、もう60年近く前作られたレンズです。古くても解像度は抜群、その点に関しては、現在のレンズにも引けをとらないでしょう。
撮影ポイントは、すでに決まっていたので、三脚を立て、てきぱきと撮影。夕食時には家に戻っていました。
大崎夜景666-34
円錐の上を切ったこのオブジェ、上から水がおちていく噴水です。この形、円錐形なのにピラミッドを連想してしまいました。昔見た映画の影響で、今でも墓のイメージが残っていますが、王の墓ではないという説が有力になったようです。
とすれば・・・後ろのタワーマンションが、そうなのか? 新宿の高層ビル群、遠くからみると墓標(墓石)のように見えないこともないなぁ・・・・(タワーマンションにお住まいの方、ごめんなさい。)
このカット、例会に出すわけにはいきません。
大崎夜景666-31
モノトーン向きと目星をつけたものを選んで狙っていました。(だからテキパキ撮影)。広角レンズ(フルサイズ換算24mm)で撮ったほうが良かったか。
大崎夜景666-37
絵としてはいいが、インパクトなし。おとなしすぎます。
大崎夜景666-39
カラーで撮影した写真の違和感は、モノトーンすると消えていました。しかし、上部の白が強すぎてまとまりを欠いています。上をトリミングして整えるか、カメラを下に振り手前から入れるべきだったか?
手前から入れるなら、広角レンズを使うべきだったか・・・・・
混迷は一段と深まりました。
スポンサーサイト



  1. 2014/10/16(木) 11:00:18|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<傷だらけのゾナー | ホーム | ブラッサイの真似がしたくて、夜の東京・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/377-25ca9c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (127)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (112)
レンズの眼、カメラの眼 (43)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (107)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (280)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (60)
樹、草、花  (74)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (34)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR