FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

月島散策

都営地下鉄のデイパス(一日乗車券)を買ったので、カメラを片手に、行けるところへまで、行ってみようとした。白山、月島、汐留、新橋・・・そこで、暮れてきたのでギブアップ。押上まで乗ってスカイツリーを見ようとしたが、それは果たせなかった。
月島で、撮影したもの。
月島663-28
月島は古い漁師町ということのなっているが、再開発で、高層マンションが目立つ。近代的なビルと古い町並みを撮ろうとしたが・・・期待した構図に収まる場所見つからず、こんな構図になってしまう。芦原と高層マンション、人が住んでいる?? ええ、たくさんの人が生活をエンジョイしています。中国の鬼城ではありません。
Rollei赤外400S、最後のカットとなりました。ここでフィルムをTri-Xに交換する。
月島664-10
一点透視図のような写真です。もともと、カメラは透視図を作る道具、画家の補助道具でした。透視図になるのは当たり前か。
月島664-17
むかし、写真を取るようになった頃、フィルターを揃え、場面に合わせて(写真雑誌、写真のテクニック本を参考に)使い分けていたが、使い方が下手なのか、これはという写真が撮れない。フィルターを替えるたびに露光の補正を考えないと駄目と面倒になり、いつしか使わなくなっていました。パンクロフィルムなので、それほどフィルター効果は顕著に出ません。
気持ち少な目の露光で、空を落とし、雲を白く焼き付けました。
月島664-19 Ⅱ
レンズは、超広角21mm、小生が保有する一番短いレンズです。
広角で狙うとこんな構図になりがちです。教科書に載っているような写真になってしまいました。駄目ですね。新鮮なアングルは狙えないのか?
S-Nikkorには、21mm F:4という伝説のレンズがありますが、中古市場に出てくると非常に高価。とても手が出せません。これは、最近コシナが作ったS-Nikkor用 21mm F:4レンズです。マウントが同じ、ContaxⅠ、Ⅱ(戦前のドイツ製)、KievⅡ、ContaxⅡa(戦後、西ドイツ製)でも使うことができます。 いいレンズだと、時々使うようになってきました。
月島664-12
こういう切り取り方と、階調性が好き。日常の中に非日常が埋め込まれている・・・と感じるのは、小生だけか?
綺麗な写真を撮ろうとは思わない、これでもいいだろうと、自己満足しています。
この写真、誰かの真似?そんな疑問、恐れも感じています。(誰だろう?)
スポンサーサイト



  1. 2014/10/07(火) 23:56:31|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浜離宮 | ホーム | 鳩の子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/371-a1d22f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR