FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

写真を撮る、作品にする、その途中(5) 残念~~~

参加している写真サークルで、11月に写真展を行う。写真展案内の葉書の印刷は終わり、会員に配られてきた。
小生以外の会員は、画像データーをCDに焼き、一括してラボに依頼、作品に仕上げてもらう。先日、ラボにCDを渡したとのメールが届く。
公募する写真展の中には、自分でプリントした写真は不可、ラボで焼いたものでないと、応募できないものもあるという。その流れなのか、ラボに依頼するのが当然と思っているらしい。
しかし、最初の撮影から、最終の作品まで、撮影した人が手作りできるから、写真は楽しいのに、それを拒否するとは・・・どういうことなのだろう? 公募展を開催する団体と選者の見識を疑っている。上から目線で、アマチュアの写真を見ているのだろうか?ラボに頼まないと、いい作品になりませんよ。プロが見れば一目瞭然。賞を取りたかったら、自分焼きは駄目です、見るに堪えない。
ラボで焼いた写真でないと駄目というなら、写真展に出すつもりはないが、幸い、単なる趣味の団体、自分で作ると宣言しても、誰も異存はない。
今回は一人二作品。
勝島運河の枯れた(萎びた)向日葵をモチーフに作品を撮ろうとした。何回か通って撮影したが、うまくいかない。
蓼科から帰ってきて、写真展の写真、どうしたものか?と思案、違うモチーフにするか迷った。ほかのメンバーは、もう終了したも同然。プロラボが、最終(額装)まで仕上げてくれる。時間がないなぁ~・・・・いや、もう一度、撮影に挑戦してみよう。

再度、勝島運河へ散歩した。
向日葵をどうとらえるか?
ライオンのタテガミのような花の周りの葉を、白く出したい・・・・
YG+ストロボでは、うまくいかない。ソラリゼーション現像でも、満足できるネガを得られなかった。
ならば、「赤外線フィルム」を使ってみよう。
もし、それでもだめなら・・・・枯れた向日葵を、「ピンホールカメラ」で撮影する。それを次の選択肢にしてもいい。
勝島運河663-6
撮影しようという意欲はあったのですが、現地に到着すると、モチーフ候補のひまわりの姿はなくなっている。
代わりに、小さな花をたくさんつけた、丈の短い向日葵が、植えられていた。
あぁ失敗。写真は出会い、出会ったとき写しておかないと、次はない。また、思い知らされてしまった。
勝島運河663-3
これでは、作品になりません。
違うテーマの作品を、写真のストックから、2枚選ぶことにしました。今月中に作品に仕上げます。
-----------------------------------------
蓼科で撮影した赤外線フィルムを現像し、気になったのは、未露光の斑点がネガに出たこと。
100フィートの長巻を手に入れたのは、今年の3月。有効期限は2016年3月となっている。少々驚きました。赤外線フィルムの有効期限、こんなに長かったか??1年もたなかったような気がする。長巻を切ってフィルムマガジンに詰める。4月ごろ使っている分には何も問題なし。ベースのポリエステルフィルム、丈夫だし、現像しても伸び縮みしない。(フィルムに使われている酢酸セルローズは、現像中ほんの少し膨潤します。気づかないでしょうが・・・)、定着時間も極めて短い。抜けの好いネガになる。
しかし、9月、蓼科で撮ったネガに、白い点が出てきた。
勝島運河の撮影は、最後の一本、このフィルムには盛大に白い斑点がネガに出てきた。(ポジだと黒点になります)
斑点は、ほぼ銀粒子の大きさ2,3個分の大きさか。
現像液にカルシウムイオンがあると、フィルムに斑点が出る場合もあるが・・・・
夏の暑い時期、室温に晒され、フィルムが劣化したのか? 赤外線フィルムは、もちのいいものではなかった。
それとも、現像操作で、不都合があったのか?
しかし、Rollei赤外400Sフィルムがなくなったので、原因の特定はできません。
Rollei Retro 400Sに、フィルムを替えてみようか?などと思っています。Retroフィルム、赤外部にも感光性があり、データ的には、Ilford SFX 200の赤外線フィルムと同等、感度が2倍高くなっています。
勝島運河663-8 Ⅱ
これは、同じ日、勝島運河を撮ったもの。かなり粒子が出ています。5か月室温に放置されると、粒子の凝集と不活性化が起きるのか? アグファの技術者に聞きたいところです。



スポンサーサイト



  1. 2014/09/26(金) 12:06:23|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜ 1967年の蓼科の写真なのか・・・・ | ホーム | 1967年の蓼科(その12) 蓼科の撮影、その落穂ひろいです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/364-cdc50ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR