FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎散歩 テッサー50mmを使う

一本のレンズを、満足に使い切れてないのに、どういうわけか、50mmの標準レンズを、たくさん保有している。
みな古い歴史的に価値のあるレンズと勝手に解釈している。先人の偉大さを感じ、丁寧に使っているつもりだが、
老妻に言わせれば、我楽多レンズとのこと。
「ガラクタ」と蔑まず、「われ、楽しみ、多し」レンズと、解説してくれるが・・・実態は、馬鹿ねぇと、あきれ返っているようだ。
そんなレンズをつけて、大崎駅周辺を散歩した。
大崎655-4
大崎の目黒川沿いに、石のオブジェ。ベンチ代わりに座る人が多い。空からの光が反射して面白いので、撮影した。
ノンコートレンズの欠点が現れる。レンズ面の反射光で全体にコントラストは低下し、眠い写真になる。
大崎655-3
レンズを、少し右に振り、反射する光が直接レンズに入らないよう工夫する。とたんに、全体のコントラストが上がり、すっきりした写真になる。一眼レフなら、ファインダーを覗き、確認することも可能だが、レンジファインダーではできない。
出たとこ勝負なので・・・この場合、二、三枚アングルを変え、撮影しています。
大崎655-8 Ⅱ
大理石の化粧板に反射する空が面白かったので、縦位置にフレーミングして撮影。勿論、道を歩く人を意識していました。女性が明るい日なたに出た瞬間、シャッターを切る。そのまま、大理石の道(ステージ)に進んでくれないかなぁ~~
50mmの標準レンズだけれど、広角レンズで撮ったような効果を狙いました。ここは一カットで充分。
大理石の空に浮かぶ雲・・・・上を見上げれば、流れていく。
大崎655-9
フィルターなしで撮影。Y2とかオレンジフィルターをつけて撮影すれば、雲と空、もっとくっきり撮影できたでしょう。でも、少し露光を切り詰めても、同じような効果を作ることできます。f:16まで絞れば良かったかも。これは望遠でも広角でもない、まさに標準レンズの画角です。二枚撮ることないと、1ショットのみ撮影。
大崎655-10
カメラを地上に戻し、ビルと遊歩道の風景を撮影。圧縮効果を狙いました。標準レンズでも、85mmなり105mmの望遠レンズで撮影したような写真にすることはできる。昔の趣味で写真を撮る人は、こんなテクニックも使っていました。
望遠レンズ、広角レンズ、性質がはっきりしすぎて、使うとなると「どんぴしゃり」の被写体を探すのが大変(慣れていないのも原因ですが・・・)その点、標準レンズは、使い方により、広角レンズ風にも、望遠レンズ風にも使えるので、それが習い性になりよく使う。昔から撮影の過半数は50mmの標準レンズでした。20~30%が広角レンズ、望遠レンズは10%以下ではないだろうか。
1970年頃の昔、朝日カメラなどに入選したアマチュアカメラマンの作品を調べると 70%以上は広角レンズ、残りを望遠と標準で分けていたような記憶が残っています。
今は、ズームレンズが一般的で、標準だ、望遠だ、広角だという区分はないのでしょうが・・・・
それでも広角が多く、次が望遠、標準と感じる画角は少ないですね。
キャッチーな写真を撮らなければという、脅迫概念に、皆さん苛まれているのでは?
或は、レンズメーカー、カメラメーカーの、販売戦略に乗せられたか?
写真雑誌や公募展に応募する気はないので、これからも、50mm標準レンズを多用し、写真を楽しむことになるでしょう。
スポンサーサイト



  1. 2014/08/30(土) 16:46:09|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三鷹の阿波踊り | ホーム | どんな写真が お好き? (Nikkor 135mmレンズを使って、散歩deスナップ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/347-428a2125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (138)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR