FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

洗足池 妙福寺の筍

4月25日 もう1つの候補地 洗足池の「妙福寺」へ。レンズは Nikkor*ED 180mm F:2.8 明るいレンズで、切れがいいので気に入っています。Tri-Xのような高感度フィルムと組み合わせれば、手持ちで撮影できる。戦前、ツアイスが、ベルリンオリンピック用に、光学技術のレベル高さを世界に知らしめようと開発したレンズが、ゾナー 180mm F:2.8。 映画用とコンタックスⅡ用に、二,三百体製造されたとのこと。
後を追うカメラメーカー、レンズメーカーも、自社の技術を見せるため、同じスペックのレンズを開発したのだろう。ニコンやキャノンに 180mm F:2.8のレンズがある。
モノトーンの写真では、写された被写体はより抽象化され、もはや「地球外生命体」と誤認されることなく、確かに筍と確認できる。これが、白黒写真のいいところだよなぁ~~と妙に納得。
筍524-7
木漏れ日に、少しは幻想的な雰囲気を帯びている。
筍525-6b
逆光で撮影。人里離れひっそりとではなく、よく手の入った竹林の筍となった。しかし、引き込まれる何かが足りません。
筍525-11
やはり 光なのでしょうね。木漏れ日で 光が揺れています。一番良い瞬間を押さえれば、その引き付けるものを定着できるのかも。
広告写真なら、ここでライトを持ち込み、最良の光線状態で撮影となるのでしょう。
「作る写真」も魅力的ですが、まあ趣味で撮っているので、「撮る(だけの)写真」演出なしのノイエ・ザッハリヒカイトで行きましょう。
その昔、朝日カメラ誌上、土門拳、木村伊兵衛との、3人の対談(もう一人は忘れた)、で、土門拳氏がしきりに「ノイエ・ザッハリヒカイト」と話していたのを、覚えています。「ノイエ・ザッハリヒカイト」とは、どういう運動だったのか? 今、それを唱えて写真撮っている人いるのですかね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/14(火) 07:51:19|
  2. 竹林
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さるすべり(百日紅) 芽吹きの頃 | ホーム | 大崎の竹林>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/34-f11e117d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (93)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (34)
レンズの眼、カメラの眼 (26)
映し出された世界 (21)
水辺の光景 (14)
勝島運河 (7)
写真の技法 (133)
ある場所、ある瞬間 (47)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (23)
都会の景観 Tokyo (154)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (180)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
黒い花 怪しい花 (10)
樹、草、花  (58)
桜  (84)
ひまわり (35)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (29)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR