FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大井町、仙台坂にて 古いテッサーレンズで切り取る。  

正式には旧仙台坂と呼ぶらしいが・・・・いつごろから「旧」扱いにされたのか、知らない。
子供の時から仙台坂と呼んでいた。それは、祖母から教わったものだろう。
祖母の話には、仙台坂より、ゼームス坂の名のほうが多く出てきた。
英国人Jamesの名前にちなんでつけられた坂なのだが、子供心には響きから名は「税」に結びついていた。おそらく坂の途中に税務所があったのだろう。
今となってはトンネルが掘られたこの旧仙台坂のほうがゼームス坂よりフォトジェニックである。
この坂を抜け、鮫洲、勝島運河へ行くのが、散歩コースの一つになっている。
仙台坂652-19
Tessarレンズ、ノンコートだが、順光では極めてシャープなコントラストの高い画像を作る。
2,3秒前にシャッターを切ったほうが良かったか?歩く人物の前を開けるのが構図の鉄則という。
後ろが多いと、過去を引きずり、前が多いと、未来へ向かう・・・・・もっともらしい説明だが、本当か?
人物を右にずらし空間を開けると、構図が散漫になる気もする。
坂を上っていく人を待ち、撮ってみればよかったのだろう。そうすれば、結論も出たかも。(待てませんが・・・)
仙台坂652-21
逆光で撮影するときは、レンズに光源の光が当たらないように注意する。ライカのElmarと比較すると、テッサーのほうが滲みやすい印象を受ける。順光での解像感は、ほぼ同じ、贔屓目でテッサーのほうが少しいいかぁとは思え、実際は差がないとみるのが公平だろう。テッサーほどカリカリした感じにならず、しっとり感があり、Elmarのほうが、小生の好みにあっている。
仙台坂652-22 Ⅱ
逆光で撮影すると、画面全体が眠く、コントラストの低い写真になりがちだが、これはそうなっていない。
光芒が出たおかげだろうか?画面全体のコントラストは下がらなかった。

もう少し、このレンズで撮影を続けてみよう。
スポンサーサイト



  1. 2014/08/21(木) 10:09:49|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<画像調整 焼きこみ (オールドレンズ Tessar 50mm F:3.5) | ホーム | オールドレンズ テッサーでスナップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/338-77506b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR