FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

小人閑居   撮影技法のテストを行ってみた。

8月8日 蓼科へ旅行するつもりで、用意していると、昼少し前、延期の電話があった。
台風が近づき、長野県も暴風雨に巻き込まれそう。結局、二週間後の8月22日に変更となった。小生は、毎日が日曜なので、なんの不都合もない。OKと答えた。
ただ、準備を進めて、家を出る直前であったのが残念、せっかく行く気になっていたのに・・・ElmarDSC02586.jpg
これが、旅行に持っていこうとしたカメラ。保有するフィルムカメラの中では一番軽量でレンズをつけても520gしかない。
ライツ社製エルマー50mm F:3.5 1937年製です。戦前なのでノンコート、フィルターは被せ式になります。すると絞りを変更するときフィルターをその都度外さないといけないので面倒。フィルムもパンクロなのでフィルターは不要と、付けず使用しています。
蓼科高原の涼しい風に吹かれ、「読書三昧だ。」と持って行こうとした本を、台風情報を聞きながら、自宅にこもり読んでいた。台風が去っても、天候は不順、~~~小人閑居、どうしよう??(なんで遊ぼう?)
気になっていた技法があるので、試してみた。
宇宙の扉651-28
読んでいた本に刺激されていたのか、読んでいた本を中央奥に、手前に盃、右奥に酒瓶、被せるように黒い帽子を置く(ブラックホール?)、そして、砂時計、これは宇宙時間の象徴か?左手より電気スタンドの照明が一灯。
演出写真になってしまったか?そうかも・・・でも技法の確認テストです。
本の題名は「宇宙の扉をノックする」 宇宙に思い馳せ、また、ごく小の素粒子の世界を考える。そして、素粒子の世界から宇宙の謎を追う。毎日が日曜日の身、現世とは段々疎遠となっていく。浮世の束縛をはずれ、楽しさを追求したら、人間界より、宇宙や素粒子の世界に興味が移る。
撮影技法は駆使しましたが、合成写真ではありません。机の上にセットし、光を当て、ストレートに撮影。トリミングする前のネガの状態の画像を添付します。
演出写真651-30
カメラ、レンズは旅行に持っていこうとしたもの。フィルムはTRI-Xを使いました。
一番奥にある本の背表紙が一番前に写っている。これ錯覚!?
写真は見えたように写るとは限りません。絶対非演出の写真だから、事実を正確に伝えてると「思い込ん」ではいけません。
写真を見る人の先入観、思い込みがあると、簡単なキャップションに引きずられ、イメージを心に刻み込んでしまう危険があります。
----------------------------------------------
物理の本は面白い。説明を読んでも、よくわからない。わからないから、また読んでみる。
物理では「空間とはなにか?」「時間とは何か?」「存在とは何か?」という文系特有(特に宗教学、哲学)の問いかけ方は、しないようだ。
科学者は、空間の性質を解明し、時間と空間の関係を、数式明らかに記述することに 努力を払う。
この世(宇宙)のあらゆることは、数式で記述できるという信念が、物理学の世界観のようである。
存在とは物質で、重さ(質量)があり、電磁波(光)で確認できるものと理解している。
周期表に載った元素が、物質のすべてであり、それが地球を構成する。人間もそれらの元素でできている。
霊魂が、周期律表に載った物質でできているなら、考慮するが、それ以外なら考慮していないだろう。
物質は、アインシュタインの発見した関係式に従う。
質量はエネルギーと等価と関係づけられた。
この理論予想は、原子爆爆弾の可能性を示唆した式で、不幸にも人間はそれを実現してしまった。
-------------------------------------
時間の経過とはなにかを、考えながら撮影してみました。
背表紙の光芒、右と左の砂時計の砂の量の差、二つをつなぐ線・・・・そのあたりが、テクニカルなこだわりです。
この技法、どう発展させようか??
スポンサーサイト



  1. 2014/08/14(木) 17:22:26|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の夜空?   恵比寿ガーデンにて | ホーム | 夕方の散歩  下神明>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/330-0339dcb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (127)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (112)
レンズの眼、カメラの眼 (43)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (107)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (280)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (60)
樹、草、花  (74)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (34)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR