FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

都会の紋様

以前 繁華街を散歩すると、現代のモニュメントと思えるビル、それが織りなす都会の景観そのものに目が行き、カメラを向けることが多かった。
デジカメを手にし、パチパチと、フィルムのなくなることを気にせず、写していると、意識は徐々に変化して、全体より一部を切り取ることの 面白さに気づきはじめる。
カメラの眼が変化してきたのだろうか?
都会の紋様647-17
ガラス窓に反射する光景は、これまで何度も撮影してきたが・・・こういう切り取り方は、あまりしていない。
必ず、空を少し入れ、ビル全体を入れることが多かった。できればガラスに反射する雲と、実際の雲が入るよう、フレーミングする。(技巧に走りがちでした。)
都会の紋様647-25 
ビルの一部を切り取り、紋様として見ることはなかった。
都会の紋様650-2
以前なら、中途半端な構図だなぁと、こういう切り取り方は避けていたが、この頃は、こんなのでもいいのでは?と納得してしまう。
ブログ・サーフィンすると、一点の間違いもないように整った写真が、溢れている。
しかし、みな似たり寄ったり、すでにどこかで見たことがあるような写真ばかりと思ってしまう。
それに対する反発心か、同じように撮ることもないだろうと考えてしまう。
プロなら、人の評価は重要な事項。
クライアントの意向に沿う写真を撮らなければというプレッシャーがあるだろう。
しかし、趣味で撮っているアマチュアは、あくまでも楽しみ、生活の張を感じ撮っているだけ。
美しい写真を狙わなくてもいい。そう思うと、楽にシャッターを押せる気がする。
直感で撮っているわけではないようです。

スポンサーサイト



  1. 2014/08/02(土) 14:15:02|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中目黒の阿波踊り フィルムで撮影するはずが・・・・デジタルで。 | ホーム | 神楽坂 阿波踊り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/326-ea299d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR