FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

東京駅   梅雨明け 飯田橋から東京駅めざし散歩

健康のためカメラを持って散歩している。(何も持たず散歩すると、不審者? カメラをぶら下げていれば・・・)
梅雨が明けたので、ようやく電車に乗り、散歩する気になれた。
今回は、飯田橋から東京駅まで散歩した。蒸し暑い一日だった。
東京駅に着いたのは、午後4時ごろ。
定番の景観を撮影。
東京駅649-31
Rollei赤外400Sを使用してる。
独特の階調性に仕上がる。なんとなくシュールなトーン。他のB&Wフィルム、Tri-X、Acros100、Kentmere400・・・では出せない階調性でしょう。デジタル一眼で撮影し、レタッチソフトで画像処理したらできるだろうか・・・誰か挑戦してみませんか?
東京駅649-32
これは真っ当なフィルムの階調性。コントラストをあげ、焼きこむのが常道でしょうが、こういう感じも好きです。
東京駅649-7
振り返り、逆光で撮影する。
こういう調子になるよう撮影し、焼き付けるの意外と難しい。簡単と思うなら、試してください。
デジタルなら設置を変え、いろいろ試せます。オプチマイザー機能つきのデジカメなら・・・可能かなぁ。
東京駅649-6
このフィルム、使い方により、また光線状態を選ぶと、ラティチュードがかなり広く使えます。
画像はレタッチソフトを使用し、トーンカーブを調整しています。これが限界です。
デジタルカメラには、露光を変え複数枚同時に撮影、それを重ね合わせ、一枚の画像を作る機能もあると聞きます。暗いところから明るいところまで、滑らかに調子をつなげられる・・・すごいと思います。
そうなったら フィルムの出番はなくなりますね。


スポンサーサイト



  1. 2014/07/25(金) 12:38:42|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<皇居  飯田橋から東京駅まで散歩 | ホーム | 棕櫚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/321-d7d4c812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR