FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

サイアノタイプの開発  トレーシングペーパーでネガ原版を

サイアノタイプ(青写真)用の印画紙、昔は市販されていたようだが、現在はどうなんでしょう?
印画紙の材質は、青写真の大きなファクターになる。どんな物質が紙に存在するかで、色調や感度が異なり、それに合わせ、現像の方法も微妙に変えないと、良い結果がえられないようだ。それに「作品」として鑑賞するなら、紙の風合い、手触り感も重要である。
しかし、今は開発の段階、感光剤の開発が当面のターゲット。組成をどするか、そのファクター(因子)の発見がテーマ。材料費は安いに越したことない。印画紙用の紙は、百円ショップのお絵かき帳を使っている。A4版の青写真なら、薬品費を含め、20円もあればできる。高解像度/高階調性の青写真にはならないが、開発中なのでコストはなるべく下げる工夫が必要だろう。
青写真用のネガ原版はプリンターで打ち出して作るが、OHPフィルムだと、A4で一枚 百円近くする。専用のデジタル・ピクトリコフィルム(最終的には、このフィルムをつかうつもりだが・・・)はもっと高価だろう。
昔使っていたトレーシング・ペーパーで、ネガ原版を作成できないかと、試してみた。
老妻が書の模写に使用したトレーシングペーパーが 残っていたので、それを早速頂く。
案ずるより産むが易し、何度かトライすると、それなりのネガ原版ができてきた。
OHPフィルムに比べると、見劣りがするが、安いのが魅力。A4一枚六円ていど。これなら、失敗を恐れず、どんどん使える。もっと上質なトレーシングペーパーなら、インクの保持量も多くなるので、階調性の高いネガ原版が作れるかも・・・(A4で10円程度)早速、注文しなければ。
ツツジDSC09500
トチマンのトレーシングペーパーNo950T 一番薄い(安い)トレーシングペーパー A4 50枚入りで325円で購入している。数年前の特売品のようだ。
プリントしてみると、裏と表でインクの吸収量が違うようだ、裏を使用。プリンターの設定は、インク量を減らすようにした。さもないと、画像がインクで濡れて流れてしまう。もっと厚手の高級品(といっても倍くらいの価格)に替えたほうがいいだろう。
デジタルカメラで撮った、5月のつつじ、カラーを白黒にし、ポジからネガに変換し、プリントしてネガ原版を作った。
印刷面を、作った青写真印画紙と重ね、ガラスで密着させ露光した。
生憎、本日は一日中雨。空からの光が入るところにおき、焼き付けた。露光計で測った照度はEV16、ISO400のフィルムなら、f:2.8で1/500のシャッターを切る明るさである。
そこに一時間放置し焼き付けを行った。
感光剤は開発中のM4組成。
ツツジDSC09501
紙に特殊な薬品(金属凝集剤も自製しました。)をあらかじめ塗布し乾燥させておきましたが・・・・感光剤 均一に塗るのは難しい。結果は思わしいものにはなりませんでしたが、面白いことに、現像時間が極端に短くなりました。
発色は、キレート化学の世界です。条件によれば、瞬時に終了したり、時間がかかったり。未反応薬剤も簡単に洗い流せたり、遅かったり。基材との相互作用、親和性なども勘案しないといけないのでしょう。意外と複雑です。
紫陽花DSC09499
近所の紫陽花の花をデジタルカメラで撮影。今が旬の紫陽花、すぐにPCに取り込み、プリントしてネガ原版を作成する。
作ってあった画用紙・印画紙に重ね焼き付ける。
あじさいDSC09497
注意力散漫、重ねる面を間違えていました。左右逆になるはずが、同じになってしまいました。露光に一時間かかります。晴天なら5分以下。雨が降っているので、紫陽花の撮影にはいいが、日光写真には不適。もっと光を!!
再度、焼き直しする気力は失せました。
現在、感光剤の開発はM5、M6に進んでいます。かなり、反応のメカニズムがわかってきました。(と、内心思っていますが、証明するには、機器分析が必要。おそらくGC-Massで物質の特定が決めてになると 思います。依頼分析すると大変な額を請求されるでしょう。トラップ、誘導体化、GC-Mass測定・・・)
家庭の設備では、無理。しかし、だいぶ反応メカニズムわかってきました。要因を絞り込めたので、感光剤の開発は、6月中には終了するでしょう。
あとは、用紙の選定と現像の最適化、最後に調色の検討ということになります。暇つぶしにはいいテーマです。
スポンサーサイト



  1. 2014/06/06(金) 18:43:35|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨の本土寺  | ホーム | 等々力渓谷 上野毛を散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/291-90a3e923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR