FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

原点はWhy、 What 、Howはその次だろう・・・

年の初めにクーデルカ展を見、5月 キャパ展を見る。
最初はクーデルカショック、更にキャパショックに襲われる。津波のようだ。
写真を撮れなくなっていた。散歩にカメラを持ち出すも、写すカット数は、通常の1/3以下。現像しネガをチェックするも・・・「撮りたかったものかなぁ」という思いがする。
今 スランプです。
また一つショックが・・・アマゾンに注文していた写真集が届く。
「Vivian Maier」 Street Photographer 
知っていますか? 
無名のアマチュアカメラマンです。人に見せるために撮影していたわけではだろう。単に写したいから写した写真。人に見せ、「どうすごいでしょう」と自慢するために撮ったものでもない。無報酬、no return で撮影している。だが、だから すごい。
ダイアン・アルバス、アンドレ・ケルテス、ウォーカー・エバンスなどの写真家の影響を受けているようです。
写真のクオリティーは高い。すごい、雑誌などに投稿したら注目され、写真家としての道もあったろうに・・・
とは思えど、クーデルカが警告するように、「写真を金に交換するたび 写真家は、カメラの眼を一つずつ失っていく」
素人で通したビビアンは、カメラの眼を失うことがなかった。誰に見せるでもないのもよかったか?
ビビアンのように撮れたら・・・
何故撮るかは、撮らざるを得ない内的必然があるからだろう。内的必然に従い、ビビアンはシャッターを切る。
クーデルカは、「プラハの春」を押し潰した戦車を撮影する。国を追われるかもしれないという危惧はその時感じていない。キャパはノルマンジーの海岸に寝そべった。死の危険を顧みずに。
ビビアンは休日、シカゴの町を歩き、ローライフレックスで町の人を、町の表情をとらえる。
お散歩カメラだ! 小生のスタイルと同じ。条件は小生のほうがいいだろう。だが、決定的にちがうなぁ・・・と
何をとるか、どう撮るかは、二の次にすべきだろう。
何を撮る? キャッチーなもの、名所、旧跡。話題の人、場所。 
どう撮る? 構図、レンズ、照明、現像
ともすれば、何をとるか、どう撮るかに 神経がいき、それがすべてになっている。
クーデルカ、キャパ、ビビアンの与えてくれたショックに打ちのめされrています。
7年ほど前から、定年後の楽しみにカメラを片手に「お散歩カメラ」しています。パラパラとその頃の写真を見る。
2007年3月23日 戸越公園にて
もう、こういう写真撮れなくなっているかも・・・散歩にカメラを持ち出した頃、盗撮するという意識はなかった。撮らねばと、とっさに腰をかがめ構図を決め、ピントを合わせ、シャッターを切る。時間にして数秒程度の長い時間をかけている。
撮影は2007年3月23日 戸越公園にて、カメラは Nikon SP レンズはコシナ製 NOKTON 50mm F:1.5 フィルムはTri-Xを使用しています。
今となっては、こうは撮れないと思います。しゃがんだら、「写真を撮りますよ」の合図のようなもの。ゆっくりとピント合わせし、構図を決めてなどしていたら 気づかれ、嫌がられ、場合によっては、盗撮と非難されます。OKをもらうと、自然な表情にはなりません。類型化された写真となり、撮りたかった写真ではなくなる。
何を撮るか、どのように撮るかの、その底に、何故撮るかの原点がある。
シャッターを切らざるを得ない内的な必然が写真の原点・・・それが三名の写真家に共通するPhotographだろう。
このブログの最初の写真が、小生の出発点と、改めて思う。構図(How)は二の次。
2001年ベルゲン-10
このブログの最初の写真。クリックすれば大きくなります。
スポンサーサイト



  1. 2014/05/21(水) 11:22:09|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サイアノタイプに挑戦(3) 紙の選定 | ホーム | サイアノタイプに挑戦(2) 印画紙の増感を考える それとも 増感現像法を?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/286-eed9bc76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR