FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

疑似夜景 ・・・・ ローライ Infrared 400Sフィルム

Rolei Infrared 400S この赤外線フィルム どんな写真表現が可能となるか その限界を試しています。一缶100フィート巻きを購入したので、いろいろ試せそう、面白いフィルムです。ローライブランドですが、製造はAgfa、戦前、写真を趣味にしていた祖父の言葉では、アグファのフィルムは最高だったとのこと。Rolei retro80Sというパンクロフィルムも販売しています。このフィルムを使い切ったら、次はレトロ80Sを試して見ようかと思っています。
疑似夜景632-14
樹の緑と空をあまり入れないようにフレーミングし撮影すると、明暗差の大きな疑似的な夜景風写真になることがわかりました。順光より逆光気味のほうが成功率が高いようですが、要は光をどう読むか?でしょう。
実際の赤外光は目に見えないので、経験を積まないと見えてこない。どう写るかまだ予想不能、だから面白いとも言えます。
疑似夜景632-2
これは順光で撮影。緑の葉を入れず影を撮影したら、暗い部分から赤外光の反射はないので、ハイコントラスト写真となる・・・これも面白い。パンクロフィルムなら、暗い部分でもディテールを失わないよう(暗くつぶれない)撮ることはできます。
夜の電燈、あるいは月の光に照らされた店の入り口、夜な夜な秘密パーティー?ちょっとミステリアスな雰囲気です。
疑似夜景632-12 Ⅱ
夜のオフィスビル、左手上からの街灯の光に照らしだされた樹を撮影したのかと・・・錯覚しませんか?
赤外線フィルムで空を入れると、暗く落ちるものの夜の空にはなりません。異様に暗い空になってしまいます。バランスがとれず、夜の空という感じにはならないようです。このバランスが取れないところを利用すれば、非現実な表現が可能になるのかも。そのあたりも追求したいですね。
疑似夜景633-15
残業で深夜まで働いていた? 実際は午後3時過ぎ、丸の内、仲通りで撮影しました。
 
スポンサーサイト



  1. 2014/04/28(月) 09:26:38|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Rolei Infrared 400S フィルムでハイコントラスト写真を | ホーム | 新緑のころ   赤外線フィルムで撮影>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/271-eeebfceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR