FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

品川散歩 北井一夫写真展へ

カメラをぶら下げ、品川駅まで散歩。キャノン・ギャラリーで 北井一夫さんの「Color いつか見た風景」展をみる。
1960年の中頃から1970年の中頃までの10年間、カメラ雑誌を割合良く見ていた。朝日カメラに連載されていた「村へ」は、見ていたのだろう。当時は、あまりうまい写真家だとは思っていなかったので、記憶は薄い。
昨年、恵比寿の写真美術館で北井氏の展覧会があり、それを見たことがある。一枚の写真、利根川の渡し舟の写真を見た瞬間、「村へ」を思い出していた。若いときから、現在までの作品が、並べられていた。それを、一つずつ丁寧に見ていくと、すごいなぁと感服。それ以来、北井氏の作品が好きになっていた。
雑誌に載っていた北井さんの作品は、白と黒のコントラストが強く、ザラとした感じ。当時流行した、アレ、ブレ、ボケのテーストを、朝日カメラの編集者が、勝手に加味したのかも知れません。オリジナルプリントは、淡いタッチで闘争とは無縁の調子に仕上がっていました。
撮りますよと声を掛けて撮っているのでしょうが、人の表情は自然です。フランスで撮った写真も、日本で撮った写真も、スタンスは変わりません。俺が俺がと、見栄えする構図を狙っている感じが少しもありません。広角レンズで、さりげなく撮っています。カメラ雑誌の教える撮影法では、「広角は度胸、ファインダーを覗きフレーミング。ここだと思ったら、更にもう一歩踏み込んで撮る。」それが基本。それをしない北井さんのアングル。いいですね。
人格に問題ある小生、残念ながら北井さんのように広角レンズで、人を写し込んだ撮影はできません。
品川624-5 Ⅱ
1970年代のテーストに焼きこみました。「都会へ」です。
品川624-6
品川624-9
人を入れても、この程度。
スポンサーサイト



  1. 2014/03/17(月) 09:42:09|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<助けてくれ~~ | ホーム | 梅を モノトーンで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/242-d5334a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR