fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

立合緑道 碑文谷八幡へ 

立会川は、目黒区の碑文谷池と清水池を水源にし、品川区の勝島運河へと流れる。
嘗ては綺麗な小川だったが、生活排水のため汚れ ドブ川となり、多くは暗渠化され
その上は道路として利用されたり、遊歩道になっている。
河口の勝島運河から水源の碑文谷の池まで歩いたら2時間以上3時間未満、おそらく10kmほどの長さになる。
桜の季節になると、桜並木となる場所も多い。
隠れた桜の名所になっている。
碑文谷八幡へ1610-35
道路を挟んで住宅が迫っている。
枝を伸び放題にするわけには行かない。
剪定されてしまうのは致し方ない。
碑文谷八幡へ1610-44
昭和20年代に植えられたものだろう。枯木も所々出ていた。
碑文谷八幡へ1610-38
碑文谷八幡へ1610-45
樹の勢い(生命力)は いつまで続くのだろう?
高く伸びないよう頭は剪定され、枝もかなり落とされている。
あと10年かなぁ?


スポンサーサイト



  1. 2024/05/06(月) 11:18:23|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜を求めて 立合緑道を行く           円融寺、碑文谷八幡 | ホーム | 4月5日 目黒川の桜               目黒橋より上流 Fomapan100>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2302-fd5175c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR