fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

桜 開花する                        大崎の桜

桜の種類は多い。
大崎駅周辺には、3月頃 白い花を咲かせる桜が一本ある。
3月になると 赤い花を咲かせる桜も2,3本有る。
しかし、気分が高揚するのは、目黒川沿いの染井吉野の桜並木。
今年はその開花の便りを聞いても 品川の戸越の里までは届かない。
4月に入り、大崎の駅周辺を散策。
ようやく桜の開花を知る。
桜の開花・大崎1609-30
これは染井吉野だろう。
川から少し離れたビジネス街の庭に咲いていた。

目黒川に出る。
赤い花を咲かせた桜が、盛りを迎えていた。
早咲きの桜、おそらく寒緋桜だろう。
桜の開花・大崎1609-33
モノトーンのフィルム写真なので、色の情報は失せている。
カラーフィルムで撮ったら 見慣れた当たり前の写真だろう。
カラーは具象の世界。見た瞬間、判断は早い。「いいね」がその基準になる。
モノトーンの抽象の世界は、見る人の知性・感性が試される。
何だろうと見入る。そして人により受け取り方は変ってしまう。
なんだ白黒か、面白くもないと避ける人もでる。
「いいね」はモノトーン写真の基準になりづらい。

デジタル画像は、レタッチソフトやAIの力を借りれば、空想の世界を演出できる。
今後ますます、その技術は進歩する。
空想は空想、遊ぶにはいいが、画像に欺されないようにしようという警戒感はある。
そこで、デジタル画像は、ありのまま撮ったものを評価する。
(たとえそれが演出されたキャッチーな写真であっても、)
それが「いいね」数なのだろう。
桜の開花・大崎1609-34
写真は もともと 大量に撮られ、大量に消費されるもの。
いっとき、眼を楽しめさせれば、それで用済みにされるのが写真だろう。
そのなかのごく僅かが、たまたま時代の記録として残っていく。
桜の開花・大崎1609-32
桜は咲いたら、さっと散って 跡形も残さない。
でも、記憶には残っていく。
デジタル写真であれ、フィルム写真であれ、
大量に撮られ、大量に消費される。
行き着く先は、桜と同じ。
そのいくつかは、記憶に残ってほしいものだ。

スポンサーサイト



  1. 2024/04/30(火) 11:07:58|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月5日 目黒川の桜               目黒橋より上流 Fomapan100 | ホーム | 日比谷公園にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2300-3ea33e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR