fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

早春の勝島運河にて                       SMC-Takumar 50mm F:1.4 レンズ

勝島運河の護岸に 菜の花が咲いていると品川ケーブルテレビが伝えていた。
早春の勝島運河1607-40
その声に誘われ行ってみたが、2月の後半に入ると菜の花の盛りは過ぎていた。
早春の勝島運河1607-42
梅が見頃を迎えていた。
早春の勝島運河1607-35
鳥が護岸の遊歩道に沢山とまっていた。
ウミネコより少し小さい気がする。
ユリカモメかもしれない。
野鳥撮影はしないので、知識不足、鳥の名はよく知らない。
カメラに付けたSMC-Takumar 50mm F:1.4のレンズの写り具合を確かめたくて撮ってみたまで。
シャープに撮れている。
さすがに良いレンズだと思う。

オート絞りができないので、ピント合わせはF:2.8以下にしないと、
Nikon F のスプリットイメージのスクリーンでは距離合わせできない。
その場合は、中心から外れたマット面でピントを合わせるか、
F:2.8以下であわせてから、撮りたい絞りにし、暗くなったファインダーで構図を確認しシャッターを切ることになる。
一眼レフカメラができた当初のごく初期の使い方になる。
このペンタックス用のレンズ、M42のカメラなら快適に使えるだろうが、
Nikon Fでは オートが利かないので使いづらい。
しかし、名レンズ 使ってみるとさすがと思う。

PCの画面(液晶)やスマホの画面(液晶、有機EL)はRGBの世界。
一方、絵画や写真は 紙や布、板、漆喰などの上に描かれたCMYの世界。
RGB(透過光)とCMY(反射光)では、コントラスト、色の輝き(彩度)は 異なる。

ステンドグラスに描かれた教会の宗教画(RGB)と、
漆喰の上に描かれた宗教画(CMY)をイメージすれば、
軍配は圧倒的にRGBの色世界の方が綺麗だろう。

青写真で焼いた画像をデジタル化すると、CMYからRGBの世界に入る。
すると、コントラストが上がり、くっきりとした画像になる。
色も変化し、明るいブルーの色調になった。
早春の勝島運河 デジタル化した青写真
紙に焼いた画像と見比べると明らかに違う。
PSE(フォットショップエレメント)で色や彩度、コントラストを 変化させ、近づけようとしたが・・・
CMY画像をRGB画像にするのは無理がある。
これが調整を加えた限界。
早春の勝島運河 青写真

テレビがカラーとなり、パソコンが普及し、スマホの時代になると、
映像はRGBで見るのが普通になる。
紙に焼いた写真は段々とマイナーものになる。
デジタルカメラが普及し始めた2000年頃からプリンターで写真を作ることが増えてくる。
それに伴い印画紙に焼き付けた写真は少なくなる。

しかし、一時流行ったデジタル写真のプリント自体も、この10年、減ってきているようだ。
ヨドバシやビッグカメラの写真コーナー棚のアルバムの数、種類が減ってきている。
おそらく、プリントする枚数が減り、多くは記憶媒体(USBやハードディスクなど)に保存されているだけなのだろう。
RGBの写真は綺麗で鮮やか、コントラストも高いし善いこと尽くめだが、長時間見続けることはできない。
精々数十秒が限界。(数秒かも)
紙に焼いた写真だと 気に入ると数分間は見続ける。
そして写真をながく見ていると、なるほどという気づきがある。
でも モニターに映し出された映像にはそれがない。
RGBの華美な映像に 眼は食傷気味、
耐えられなくなり、次の画像へ眼はせかされる。
そんな経験ありませんか?
今の人は、RGBの映像の世界で育ってきているので 気にしないのかもしれないが・・・
なにか大切なものを失ってはいないだろうか?

写真は紙に焼いた手作りが一番面白い。
同じ色調、同じトーンにすることも難しい。
一枚一枚に 撮影者の狙い、美意識が込められる。
これが写真だろう。
-------------------------------------------
撮影に使用したカメラはNikon F 初期のバージョンで1966年の春に購入した。
いちどミラーアップ故障がありニコンで修理してもらったが、それ以外 問題なく使い続けている。
今になったらコストパーフォーマンスの良いカメラだろう。

レンズはSMC-Takumar 50mm F:1.4 青写真を引き伸ばし機で焼き付けるためのレンズとして、ヤオフクで落札した。
落札価格と比較すると送料が意外と高い。トータルで5000円程度。
レンズに曇りは有ったが、分解し、コーティングを剥がさないようそっと表面を洗浄、拭き取りした。(かなり綺麗になった)
マウントアダプターでNikon Fに取り付け、撮影した。
フィルムはFomapan100、当日の天気は曇りだったので f:2.8/500秒で撮影。(体感露光、経験、勘)
眠いネガを避けるため、ネガのコントラストを上げようと、一番硬調な現像液(Ⅱfo)で現像した。

引き伸ばしレンズは、撮影に使用したレンズを使用。

撮影レンズと、引き伸ばしレンズが同一だと、レンズの収差は補完されるのではという淡い期待があった。
全体に鼓のような湾曲がでている。(樽形の反対)
収差が補正されたとは思えないが、焼き付けには問題ない解像度があると思う。

印画紙はA4の紙(白洋紙)を4等分したものに感光液(A9)3を塗布し使用した
青写真の露光時間は35分、露光後4分現像し、16分水洗した。(普通の青写真と違っています。過酸化水素で画像のコントラストが上がることもない)
スポンサーサイト



  1. 2024/03/20(水) 12:30:38|
  2. 勝島運河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<用紙と青写真印画紙 | ホーム | 青写真 トーン逆転の試み(1)          昔のネガから>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2286-58ccceae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (265)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR