fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

青写真 トーン逆転の試み(1)          昔のネガから

銀塩写真には ソラリゼーションという 特殊な現像法(表現法)がある。

現像中、ドアを開けてしまいフィルムに光が入る。
慌ててドアを閉じ、現像を続行した。
すると、偶然トーンが反転したネガを得た。
マン・レイは それを失敗とせず、その効果を積極的に利用し作品作りに生かしていく。
予想不可能なトーンの変化は、シュールリアリズム運動と共通する点が多い。

青写真でも 一部トーンが反転した画像を得ることがある。
まだ、これはという青写真を得ていないが、更に条件が分ってきたら、青写真の「表眼範囲」を広げる可能性はある。
ポートレート-1 青写真
今、青写真の印画紙作りに難航している。
ちょっとした差が トーンの逆転を生じる。
それは、感光剤の塗り方(厚みの均一性)によると 思っているが、コントロールが非常に難しい。
ポートレート- 932-7 ノーマル画像
黒髪は白髪となった。
肌の色はもっと黒くなると予想していたが、それほどでもない。
左隅のカーテンは薄く、それより右は濃くなっていく。
これは、トーンの逆転が起きているようにも思えるが・・・完全な逆転ではない。
明るい部分の反転はないので、暗い部分のみ トーンの逆転が起きている。
これは 銀塩写真と大きな違いになっている。

いまだ条件は定まらず、出たとこ勝負、予想不可能な画像になることが多い。
まだまだやるべきことは沢山残っている。



スポンサーサイト



  1. 2024/03/17(日) 21:07:23|
  2. 青写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<早春の勝島運河にて                       SMC-Takumar 50mm F:1.4 レンズ | ホーム | 青写真 紙の選択                Cyanotype directly from Nega>>

コメント

”Sasaki” さん、初めまして。

久し振りに”写真んって、何だろう?” と感じています。 再度訪問出来るとイイのだがと思っています。
NIKON SP ファインダー部分が黄緑で彩られた名機!!でした。私も高校生の時使っていました。
50㎜と28m で・・・
  1. 2024/03/18(月) 15:30:38 |
  2. URL |
  3. 夢旅人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2285-75a8f407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (264)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR