fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

プラクチカマウント(M42)レンズを引き伸ばしレンズとして使う   青写真

大型の乾板写真時代、
ネガを密着し写真を作ることが普通で、
引き伸ばし機の需要は少なかった。

小型カメラ ライカが販売されるようになると、
ネガを引き伸ばして写真を作るようになる。

その先導的な役割を果たしたのが、ライカ社で、
以来、フィルム写真の引き伸ばしマウントは、
ライカマウント(スクリューマウント φ39mm)に統一されていく。

引き伸ばし専用のレンズで、明るいレンズはない。
50mm F:2.8が一番明るいレンズで、ニコンやフジがそのレンズを作っていたが、
青写真で使うのには暗すぎた。
写真撮影用のレンズで最も明るい(φ39mm) 
ライカのSummarit 50mm F:1.5とJupiter-3 50mm F:1.5を
引き伸ばし機につけ、青写真を焼いてみた。
上手くはいったが、引き伸ばし機のフランジバックが45mmくらいあり、
ライカレンジファインダー用レンズでは、フランバックが短く、
A6サイズ以下なら、焼き付けることができたが、
それ以上のサイズは無理だった。

一眼レフレンズのフランジバックは40mm以上あるので、一眼レフ用のレンズをつければ、解決する。
M42マウントのレンズ(プラクチカマウントレンズφ42mm)は 
過去に世界の多くの(名だたる)メーカーが生産していたので、
ヤオフクで 「M42 50mm F:1.4」で検索し、
その中で一番安価だった、Takumar 50mm F:1.4のレンズを落札した。

引き伸ばし機にステップアップリング φ39mm→φ42mmをつけてTakumarレンズを装着した。
これでA3の大きさまで、焼き付けができることを確認した。
新橋にて 青写真
Takumar 50mm F:1.4 おそらく 1960年代に製造されたレンズだろうが、なかなか優秀。
レンズにはスレや曇りが、少しあるというが、
A3までネガを拡大し、画像の細部をみたが、
F:1.4という開放絞りでも、きっちりと画像を結んでいた。
これなら 使えると、基本的なことは解決した。

しかし、ストレスなく使うとなると 問題は山積み。
・用紙の選定(感度、コントラスト、色味が それぞれ違う)プロファイルを作る
・現像液の調整 軟調(Dev4)から硬調(Dev2)まで 揃えたが・・・まだ 不十分。
・感光液の塗布法 再現性の高い青写真用印画紙をつくる。
・光源のパワーアップ
・更なる 感光液の感度アップ

光源を白熱電球(150W)から、LEDライトに交換したのは正解だろう。
消費電力11.8wと小さいが、同等の光量が出ている。
もっと大きな電力、できれば30wのLEDに変えれば、焼き付け時間を1/3に減らすことができる。

感光液の更なる高感度化。
「写真化学」共立全書(昭和28年7月20日 三版)202ページによると、
クエン酸鉄に比べ、シュウ酸鉄の感光性は10倍ほど高いことがグラフで説明されている。
今までは、クエン酸鉄系の配合を調整し、(A9)3の処方を完成したが、
更に高感度を求め シュウ酸鉄系の配合を開発した方がいいだろう。
おそらく 取りかかるのは来年になってから。
それまで 必要な薬品を手に入れねば・・・・
新橋にて1600-36
ネガをスキャンして デジタルデーター化した画像。
このままプリントすれば、同じ細かさとトーンの写真を得る。
それに比べ、まだ青写真は、その域には達していない。
どれだけ 近づけるかは 技術の向上で重要だが、
青写真には青写真でしか出せないトーンと解像感があることも確かだと思う。
これも写真表現に一つだと思う。
スポンサーサイト



  1. 2023/12/18(月) 15:57:34|
  2. 青写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<引伸し機で青写真を             用紙の選定  | ホーム | 引き伸し機で青写真を作成(2)     デジタルネガから伝統的手法に回帰する・・・?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2269-601cdafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR