fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

一つのネガから                Retro80Sフィルム

今使っているフィルムスキャナーはエプソンのf-3200という機種。
もう15年くらいは使い続けている。
約1600本ほどのネガをスキャンしている。

3200dpiでフィルムをスキャンしている、(メーカーの保証値は3200dpi)
35mmフィルムの場合 約1300万画素のデジタル画像を得る。
これで充分だというのが、購入するときの判断。
当時使っていたフィルムはTRI-X。
ISO:400の高感度フィルム。このフィルムの解像度はそれほど高くない。
120本/mmあるかないか程度だと思う。
(昭和30年頃のマイクロコピーフィルムの解像度は僅か300~400本/mm、昭和40年頃で600本/mm程度だった記憶がある。)
120本/mmで計算すると、35mmフィルムで約1200万画素が限界。
小生の使っているオールドレンズは 当時の最高級品、ゾナーの解像度は150本/mmはある。
中心部は高いが、周辺部になると落ちるが、それでも100本/mm以上ある。
フィルムの解像度と、スキャナーの解像度を比較し、問題なく使えると判断した。
勿論、スキャナーの解像度はネガの銀粒子まで克明に記録、画像化できるので、
高いほど最終画像は良くなる。
その分取り込みの時間、ファイルのサイズが大きくなるので、このあたりが現在の限界。
(将来、技術が進めば、6400dpiあたりが狙い目になる。)

なるべく、スキャナーの設定した条件でスキャンすることにしている。
より浅い感じ1593-54
スキャナーの基本設定は、
白黒フィルム
イメージタイプ 16bitグレー
解像度    3200
アンシャープマスク にチャックを入れておく。

ヒストグラム調整で取り込む範囲、Low値とUp値を決め、
出力範囲を、それより少し多めに設定。
トーンカーブを見ながら中間値をスライドさせ、なるべく直線になるよう取り込みの設定を行う。
(ここまで手動)

ライティングの濃度調整は、スキャナー任せだが、Retro系フィルムの場合、ほぼ「浅い感じ」に近い設定になっていることが多い。
(ハーフトーンから明るい部分は直線、暗い部分をほんのすこし持ち上げる設定になっていた)
Fomapan100だと、コントラストを高めにする設定になることが多い。(そのようなプログラミングが為されているようだ)

スキャンは同梱されていたPSE(PhotoShopElement)から利用する形になっている。
画像はPSEに取り込まれる。
PSEには画像処理のプログラムも各種入っているが、
画像の濃度調整(明るくするか、暗くするか)とコントラストの調整を使うくらいに留めている。
シャープ調整や画像フィルター(沢山の処理プログラムが入っている)の機能は使っていない。
画像の一部を 焼き込んだり、覆い焼きする機能は、暗室時代を思い出し、時たま使う。
なるべく 印画紙に焼いていたころの技法が使える範囲でPSEを利用することを心がけている。

コントラスト強く、焼き込み1593-54Ⅱ
スキャナーの濃度補正設定を「コントラスト強く」に設定して、
同じフィルムを、スキャンした。
PSEに取り込んだ画像を、スライドバーで、
暗い部分のディテールがなくなるまで 全体濃度を上げて画像を調整した。
モノトーン写真は、暗い方が なにか曰わくありげで(自己主張?)キャッチーと考える人は多い。

濃度調整、より重い感 覆い焼き1593-54Ⅲ
スキャナーの濃度補正設定を「重い感じ」に設定し、スキャンした。
PSEに取り込んだ画像を、暗部のディテールを覆い焼きを施して出したが、
スキャナーの濃度補正設定を「シャドー部を出す」の設定(覆い焼きに近い)で取り込み、
PSEで画像濃度を暗くしていったほうが良かったかもしれない。

濃度設定を「リニア」(直線)にしてスキャナーで取り込み、
あとは優秀なレタッチソフトで、トーンを作ってけばいいという考えもあるが、
レタッチソフトで、トーンを弄(いじ)るたびに、トーンの豊かさは減っていく気がしてならない。
豊かなトーンの写真を見たい、作りたいと 思っているので、
ネガからスキャンしたら、その後のレタッチソフトの使用は最小限になるように心がけている。
2003年頃のPSEだけど、小生はこれで充分満足している。
最新のレタッチソフトは、高機能で望みの画像を作ってくれるようだが、
レタッチソフトに遊ばされているだけのような気がしてならない。
------------------------------
使ったフィルムはRetro80S 現像液は微粒子現像液(AⅢn1)を使用した。




スポンサーサイト



  1. 2023/09/01(金) 10:45:45|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の空                      Retro80S | ホーム | 水遊び場        林試の森>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2231-32805c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR