FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

フィルム一本、ひとつの建物で撮りきる。 (東京タワーを撮る)

一本のフィルムで、一つの被写体を撮りきるとしたら、ふさわしいのは東京のシンボル・東京タワーだろうという思い込みから、昨日、カメラを持って、東京タワーを撮影してきました。
カメラはKievⅡ、レンズはソ連製Jupiter-12を使用した。 戦前ツアイスのBiogonのデッドコピー 35mm F:2.8、レンズの設計はそのまま、1980年ごろまでソ連で製造されていました。40年近く、同じ設計のレンズが製造されてきたというのは、驚きです。それだけ優れたレンズなのでしょう。・・・とはいえ、現代のレンズに比べ、逆光ではコントラストが低め、ゴーストも出やすいレンズです。
東京タワー616-34
シルエットで抜くなら、露光を二絞り切り詰めればよかった。
東京タワー616-33
枯れ木と東京タワーの競演。東京タワーの存在が・・・薄いですね。
東京タワー617-3
堂々とした構築物。標準レンズで狙いたいアングル。
東京タワー617-12
これは、もっとワイドレンズで撮りたいところ。どう切り取るか・・・?かなり難しいが、決まれば迫力有る写真になりだろう。展望台を135mmくらいの望遠で切り取っても面白そう。
東京タワー617-10
これは、85mmくらいで撮影すべきかなぁ。
東京タワー617-16
一度 やってみたかった、ブレ写真。ビルの間に挟んだほうがよかったか。
東京タワー617-19
「梅に鶯」・・・・これは「梅にタワー」
東京タワー617-28 Ⅱ
逆光気味の光線で、東京タワーを撮影しながら、階段を明るく写すのは、意外と難しい撮影です。
今回は35mmで撮影。
これから撮ってきた写真をトリミングし、何ミリのレンズで撮ったらよいのか、検討します。
次回の撮影では、交換レンズを持参し、検討したアングルで撮影。一本全てを・・・というわけではありません。狙い撃ちです。
これも、ホップ、ステップ、ジャンプの撮影になりました。
スポンサーサイト



  1. 2014/02/23(日) 18:33:40|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新宿遠望   ダイナミック・レンジ・オプティマイザーの真似ごとをしてみました。 | ホーム | どう撮るか? 練習です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/221-eabbc722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (127)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (112)
レンズの眼、カメラの眼 (43)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (107)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (280)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (60)
樹、草、花  (74)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (34)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR