fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大井町の裏道にて

商店街の道から一歩中に入り、そこから更に曲がった道にあった。
1578-17 (Ⅲo)
人ぞ知る、隠れ家ような花屋さんだったのだろう。
今は、飾る花はなく、締っている。
不思議な雰囲気が漂っていた。
帰宅し、フィルムをやや硬調な現像液(Ⅲo)で現像してみた。
画像を確認したが、期待したほど「荒れた美しさ」が出ていない。
どのように撮ったら、この空間を表現できるのだろうか?と思う。
二液現像 (Afx)-(BⅠ)1575-29
二液現像(Afx)-(BⅠ)で、フィルムを現像してみた。
比較 1
(Ⅲo)に比べ二液現像のほうが、コントラスト、精細感とも、格段に良くなっている。
比較 2
しかし、雨風に晒され、荒れてしまった感じが出ていない。
二液現像 (Afx)-(Ⅱkf)1576-29
もっと硬調な二液現像の組み合わせ、(Afx)-(Ⅱkf)を選び、現像した。
風雨に晒されザラッとした感じは出たが・・・そこにゾクッとする残酷な美しさは感じない。
二段現像(Ⅵ)-(Ⅱ)1583-13
現像法を二段現像に切り替えてみた。
このトーンでは、未だしの感は残る。
最強の硬調現像液(Ⅱof)で現像した。
(Ⅱof)1584-8
コントラストは出るが、整いすぎて面白くない。

更なる「怪しい美しさ」を追い求めるなら、
残っている現像法は、常楽寺の「巴旦杏」条件だろう。
(フィルム、露光と、二段現像の組み合わせ)
駄目なら、また考えればいい。
「まぁ、やってみなされ」という所か。



スポンサーサイト



  1. 2023/05/18(木) 12:39:28|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オブジェ                    丸の内・中通り | ホーム | 鯉のぼり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2190-cc32d9dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (20)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR