fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

鯉のぼり

鯉のぼりを見る季節に入っていた。
例年にならい三ツ木小の校庭に鯉のぼりが 飾られていた。
鯉のぼり1577-38
去年は、この鯉のぼりを撮った。
今年はどうしようかと思う。
試したい撮り方はあるだろうか?
どうフレーミングしたらいいだろう?
アイデアが湧かない。

撮るなら、もっと違う場所の、違う鯉のぼりだろう。
では 何処の?となると、それも思いつかない。
-------------------------------
ソ連邦時代のカメラやレンズは、ドイツを真似て作っていた。
35mmレンジファインダーカメラ用レンズは、
大戦前のFED用の50mm F:3.5から始まり、
戦後、ツアイスの技術が入ってくると、進歩を遂げ、
Induster-22,Induster-50へと進んで行く。
戦前のFED用50mm F:3.5のレンズは、Tessarを しっかりと真似し、質は高いと思う。
戦後になり、コーティング(ツアイスの技術)の施されたFED 50mm F:3.5レンズも生産されたが、
すぐにInduster-22へ統一される。
計画経済のなせる仕組み、
各地の光学レンズメーカーでInduster-22が生産されたようだが、
ノルマ達成が優先されたのか、品質にはバラツキがあり、
Elmar以上のいいレンズと評価する人もいれば、
だめレンズと酷評する人もいる。
いいレンズに当たればラッキーということかもしれない。
小生の保有するレンズは、問題ない写りだった。
15年ほど前は店頭で5000円程度(数は少なかった)、
ヤオフク(多くの出品があった)で2000円から3000円で落札できるレベルだった。
現像は(AⅢn1)を使用した。
Tri-X用に作った(AⅠ)現像液を改良し、新たな成分を加え、微粒子現像液としたもの。
軟調な現像液になると思ったが、実際試して見るとD76と同等か、やや軟調な現像液になった。
------------------------------------
数日後、三ツ木小の前を通ると、門は開放されていた。
統一地方選挙の投票日で、品川区会議員選挙が行われていた。
鯉のぼり1578-29
鯉のぼり1578-31
レンズはInduster-50 50mm F:3.5 当たり外れのない優秀なレンズだと思う。
個人的にはTessar 50mm F:3.5の最終形だと思っている。
やや硬調な現像液(Ⅲo)で現像した。
-----------------------------
子供の日も過ぎ、ゴールデンウイークも終わっている。
上神明(二葉町)の天祖神社(蛇窪神社として売り出したいようだ)の前を通ると、
鯉のぼりが飾られていた。
鯉のぼり1585-40
鯉のぼりを順光で撮るなら、カラーだろう。
白黒フィルムでは、余り綺麗なトーン(メリハリのある)にはならない。
ちょっと逆光気味の構図を探す。
鯉のぼり1585-35
レンズは、Induster-26M 50mm F:2.8 (1949年製?)を使用した。
おそらくツアイスのTessar 50mm F:2.8を意識して作られものだと思う。
ソ連邦のF:2.8テッサータイプのレンズの歴史・変遷はよく分らない。
その後Induster-61というレンズが出現するが、それは かなり年月が経ってから、
ソ連邦崩壊の前後に F:2.8 53mmとか F:2.8 55mmのレンズが出てくる。
1960年頃から1980年代は空白だが、小生が知らないだけかも。
線の細い描写力かなぁと思うが、優秀なレンズであることに変わりはない。
いまでも充分、実用に耐えると思う。
現像はP(Ⅳo)を使用した。
今は珍しいフェニドン系(PQ)硬調現像液になっている。(フェニドンが日本では入手困難になった。)
硬調な現像液だが、暗部のディテールも出してくれる処方になった。

たまに使う程度なので、
保存液を希釈して使うのではなく、
数種の成分を粉末の状態で混ぜて保存。(粉末中の有機物は2%程度)
使用するたびに一定量をはかり、水に溶かして使用している。
(2.5gを500ml水希釈だったが、この頃はSUSの現像タンクを使うので1.25g/250ml水にしている。)
フェニドンの含有量は少ないので、20℃の水でも、数分で溶解する。(溶け残りない)
現像は一回限りで廃棄しているが、
ネガの洗浄水で希釈すると、
現像液由来の有機物(BOD,COD)は30ppm以下になると計算している。
問題ないレベルだと思う。(家庭の生活排水のほうが数十倍から数百倍、高濃度)
------------------------------
翌日、大崎駅へ出ると、まだ鯉のぼりが飾られていた。
戦後のコーティングの施されたFED用 50mm F:3.5レンズを使用し撮影した。
鯉のぼり1586-5
今でも実用に耐えるいいレンズだと思う。
現像は微粒子現像液(AⅢn1)を使用した。
コーティングレンズなので、期待はしていたが、
小生の好みか、ノンコートの古い(おそらく戦前の)FEDレンズのほうに 手が伸びる。
鯉のぼり1586-3
Fake Elmar(偽エルマー)を作るとしたら、FEDのレンズをつかったほうがいいように思える。
Induster-22では・・・・だませないのでは?



スポンサーサイト



  1. 2023/05/15(月) 11:16:36|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大井町の裏道にて | ホーム | たかが写真、されど写真       二段現像法でトーンを作る。(4) トーンの破堤(揺らぎ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2189-871101e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR