fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

チューリップのおもて、糸杉のあで姿よ、

東京でオリンピックが開催された頃だから、
1964年ごろ、昭和38年か39年だと思う。
戸越銀座商店街に実誠堂という本屋があった。
まだ、図書館がそれほどなかったので、本屋は「知の宝庫」だった。
勿論、月刊誌、週刊誌、子供の雑誌、ハウツーものの本も置かれていたが、
哲学書や科学書などから岩波文庫本に至るまでそろっていた。
ロウソクの科学や、ガモフの科学書、星の王子さまも、この本屋で購入した。
そこで何気なく手にしたこの本に魅了されてしまった。

小川亮作訳『ルバイヤート』
最初の詩が、

チューリップのおもて、糸杉のあで姿よ、
わが面影のいかばかり麗《うるわ》しかろうと、
なんのためにこうしてわれを久遠の絵師は
土のうてなになんか飾ったものだろう?

チューリップの面1568-9 Nikkor24mm Ortho

ペルシャの伝統的な詩形 四行詩(ルバイヤート)だという。
大きく言語地図を広げてみれば、日本語も、ウラルアルタイ語に含まれるらしい。(専門家でないので、伝聞です)
ルバイヤートは、起承転結の詩形で、音韻は、5音7音を基本とする日本と似たところが有るという。

「チューリップのおもて」は、艶やかな女性を象徴しているように思える。
しかし「糸杉のあで姿よ」、は残念ながら見たことないので分らない。
ゴッホの「糸杉」を思い出してしまう。

次の句は、

もともと無理やりつれ出された世界なんだ、
生きてなやみのほか得るところ何があったか?
今は、何のために来《きた》り住みそして去るのやら
わかりもしないで、しぶしぶ世を去るのだ!

と続く。
大人になりかけようとしている小生には衝撃的な詩集だった。
そうだなぁと心を揺さぶられ・・・更に先へ進む。

自分が来て宇宙になんの益があったか?
また行けばとて格別変化があったか?
いったい何のためにこうして来り去るのか、
この耳に説きあかしてくれた人があったか?

科学を志し、この世の秘密を明らかにしたいと思っていた小生には、
衝撃的な詩だった。
こんな詩人、日本にいただろうか?

魂よ、謎《なぞ》を解くことはお前には出来ない。
さかしい知者(*)の立場になることは出来ない。
せめては酒と盃《さかずき》でこの世に楽土をひらこう。
あの世でお前が楽土に行けるときまってはいない。

絶望的な詩だが・・・すごいなぁと思った。
それ以来、この呪縛から逃れられないのかもしれない。

作者のオマル・ハイヤームは、西暦1040年のペルシャに生まれている。
日本なら平安時代の後期のころだろう。
当時ペルシャは政情不安だったが、文明は世界で一番発展した地域だった。
彼は、当代一の数学者であり、天文学者であり、万事(哲学)にも通じる知識人だったという。
そんな人の歌だった。

彼の四行詩(ルバイヤート)には酒を詠んだ歌は多い。
日本にも酒を歌った歌はあるが、しかし、視点は異なっている。

歌人 若山牧水は、
白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり
と歌い、

昭和の流行歌では

酒は涙か 溜息か 心のうさの 捨てどころ
遠いえにしの かの人に 夜毎の夢の せつなさよ

と藤山一郎の歌声がラジオから流れていた。
日本人は、そこに心を動かされていた。

日本には 独特な私小説という分野がある。
短歌、俳句にも、自分の気持ちを表出させ、
さりげなく、同意、同情を求める一人称的(あるいは悟りきったような)表現の歌は多い。

己の身の不幸を嘆き、それを表出する。
それが巧みであれば、共感する人がでてくる。
私も似たようなもの・・・・とそのなかにどっぷり浸かっていれば、それで癒やされるのだろうが・・・
ただそれだけの閉じた空間でいいのだろうかと思う。

オマル・ハイヤームの詩は、
一人称的表現に留まらず、
視点は俯瞰的、三人称的表現となって、その不条理な「解き得ぬ謎《なぞ》」へと向かっていく。

このあたりが、日本の写真家に感じる物足りなさかもしれない。
クーデルカに匹敵する写真家も現れないし、
セバスチャン・サルガドもいない。
水俣を撮ったのはユージン・スミスだった。

「絶対非演出の絶対スナップ」を標榜した土門拳は、
筑豊炭鉱を訪れ、『筑豊のこどもたち』をだし、評判を得るが、
水俣へは行かず、『古寺巡礼』へ被写体を換えていく。
こんなの有り?
写真を撮る動機が、掴めない(不純?)。

デジタルになり、写真が簡単に撮れるようになった。
いいことだと思う。
この世の不条理を、切り取る写真家が、
そろそろ日本に 出てきていいと思っている。
スポンサーサイト



  1. 2023/04/28(金) 16:18:28|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たかが写真、されど写真 | ホーム | 花筏を求めて(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2181-f0f2b8f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (264)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR