fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

花筏を求めて(2)

これが最後のチャンスだろうと、翌日再び舟入場へいく。
舟入場1573-6 Ⅱ
舟入場1573-9
舟入場1573-15
上流からの花びらは減っている。
花筏の時期は終わりを迎えていた。
下流の桜を期待し、遊歩道を下っていく。

中里橋を過ぎ、田道橋に近づくと、
花びらが集まりだし、花筏を作り始めていた。
中里橋から田道橋1573-19
柵に身を乗り出し、ファインダーを構え、集まり始めた花筏を撮っていると、
40歳過ぎの女性が寄ってくる。
「花筏を見たくて、下から歩いて来たけど、ここが一番。」
下流の花筏は壊滅状態だという。

川面が花びらに覆われ、花筏ができていれば、
珍しいと、持っていたスマホで撮るが、
花筏を期待し、「花筏が見たい」と目黒川に来る人は少ないだろう。
こういう方もまだいると思うと嬉しくなる。
「上流にも花筏のスポットはあるけど、そこも、もう駄目ですね」と相づちを打つ。
柵から離れ、場所を譲る。
女性は持ていたスマホで、数ショット、花筏を撮っていた。

下流の花筏は期待できない。
最後のチャンスは、この場所だろう。
中里橋から田道橋1573-30
時刻は満潮を過ぎた頃、流れは殆ど止まっていた。
中里橋から田道橋1573-27
やがて、少しずつゆっくりと流れ始める。
中里橋から田道橋1573-24
徐々に下流へむかい流れ始めていた。
20分もすれば、田道橋近くに来るだろうと、
田道橋で待ち受けた。

後ろからモーターボートの音が聞こえてくる。
田道橋で待つ1573-36
勢いよく走ってきたモーターボートが、減速し、反転する。
前方の花筏に気づき、ここで引き返すのか、と一瞬ホットしたが、
下っていく気配がない。
田道橋で待つ1573-38
やがてもう一台のモーターボートが現れる。
二台が並走しフルスロットルで花筏めがけ突進していった。

花筏の、止まることない文様の変化と、その消滅に、
「はかなさ」を覚えるのは歳のせいだろうか?

また来年があるさ。
運が良ければ、すごい花筏に会えると思えばいい。


スポンサーサイト



  1. 2023/04/25(火) 10:38:12|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チューリップのおもて、糸杉のあで姿よ、 | ホーム | 花筏を求めて(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2180-1f1ee9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR