fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

花筏を求めて(1)

目黒川も上流に上れば花筏が見られるかもと期待し、
中目黒の舟入場へいく。
花筏(1)1572-19
中目黒から上流の池尻大橋までが、花見スポットになっている。
川幅が極端に狭く、両岸から桜の枝が伸び、花見には最適の場所だが、
流れが速すぎ、花びらは舟入場に流されてくる。
でもこの場所で、花筏を見ることは少ない。
花筏(1)1572-9
もうすこし花びらが集まってくれれば、綺麗な花筏になる・・・
花筏(1)1572-11
数年前、川底が改修され、流れが変化していた。
以前のような文様の花筏にはならない。
下流に向かって歩いて行く。
花筏(1)1572-22
田道橋付近で、なりかけた花筏を見る。
嘗ては、雅叙園から下流の大崎付近まで、花筏を見ることができたが、
この頃は、殆どそのチャンスはなくなっている。
今日なら可能かも・・・と足を速める。
花筏(1)1572-37
これでは不足、もう少しなのだがなぁ・・・と思いながらカメラを構えていたら、下流から観光船が上ってきた。

花の期間は短い。
咲いたと思うと、すぐにハラハラと散っていく。
その「はかなさ」に共感し、育まれたのが、日本人のエトスだと思っていた。

しかし、人の心は変化していく。
それも、致し方なし。
遊びは必要。
一時の息抜きに花見をするのはいいことだと思う。(反対はしない)
でもそこには「はかなさ」に感じ入る日本人特有の心はなくなっているのではないか?
時代が変われば、人の心も変わる、致し方ないとおもうけど・・・

人生の勝ち組になると こんな息抜き(遊び)もできると、
これ見よと言わんばかりに、
モーターボートを乗り入れるのは 如何なものかと思う。
自分の遊びに熱中し、他人の遊び(息抜き)を奪っていることまでは想像できないのだろう。

観光船が、手こぎの和船になり、
モーターボート(モーターバイク)が、カヌーになって、花見を楽しむなら・・・・問題はないと思うのだが、
どうなんでしょうねぇ?
やはり「花見経済」優先が、日本人のマインド(心)になっているのかなぁ。

観光船乗っている人の個人の特定ができないよう、ピントを少し外して、シャッターを切った。
スポンサーサイト



  1. 2023/04/23(日) 10:40:01|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花筏を求めて(2) | ホーム | 皇居 桜田門の桜                 Fomapan100>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2179-77bfa3ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR