FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

寸鉄人を刺すような 写真評論家、出てこないかなぁ

「白鳥の池」と呼ばれているところで撮影した二枚の写真を並べ・・・考えてしまった。
自然教育園DSC06238
映りこんだ太陽と木の枝をバックに、枯れたアジサイにピントを合わせ撮影。ちょっとカメラを握った人なら、このような構図にまとめてしまいがち。この写真に独創性はあるだろうか? ないなぁ~~。誰でも撮るよ。
自然教育園DSC06225
むしろ、ピンボケにし 焼きこんだこの写真のほうが小生の好み。撮影するとき、水面に映りこんだ木の枝のボケ具合を、液晶画面で確認し、面白いと確信しシャッターを切っている。断然こっちが、小生の好みだが・・・美しいというより、不気味な感じである。
美しい、手馴れた写真は、最初の1枚のほう。常識的な美しさ、安心して見ていられる。
2枚目の写真を見せられ、コメントを求められたら、どうコメントする?
相手(小生)を傷つけないよう、言葉選びに苦労するだろうなぁ。
ないものから(無)から有るもの(有)を創り出す、絵画、小説、詩、音楽、演劇などの芸術は、現実を踏まえながら、それとは離れ、独自の世界を作ることができる。
写真には、それができない。合成写真という手があるが、合成写真は、先祖帰りのようなもの、絵画の中に飲み込まれ絵画の中の奇形児的な扱いしか受けないだろう。
眼前の光景を切り取る写真には、あるもの(有)で、現実を表現するだけ。無から写真を撮ることできない以上、表現は有限である。もう写真は撮り尽くされてしまったのでは?という、恐れも抱いている。
これからも事件は起きる、報道カメラ(ジャーナリズム写真)は存在する。チラシや広告写真のニーズもある。
子供の成長を記録したいという欲求は強いので、家庭のアルバムには新たな写真は加わっていくだろう。
しかし、写真表現となると・・・過去の繰り返し、焼き直しという感は否めない。
20世紀、ステーグリッツから始まり、写真表現は、カメラの発展とともに、広がってきた。写真表現の広がりがなくなったとき・・・それが、写真の限界か。
1970年代には、心に残る傑作は沢山でてきたが、このごろは?どうだろう。・・・この30年、傑作として心に残る写真どれだけあったろう?焼き直しのような写真が・・・
花の写真、猫の写真、風景の写真・・・もう撮り尽くされいないか?不特定多数の人に見てもらう範疇の被写体だろうか?小生、猫も、花も、風景も 撮ってはいるが・・・こんなのでいいのか?という思いはある。

無から有を創り出す文芸(詩、歌、小説など)の分野では、「言語にとって美とはなにか?」などの評論もあった。小林秀雄、江藤淳などの評論家も現われ、文学がどのような発展をしてきたか、道しるべ示し、理解を深めることができる。
カメラ雑誌などで、写真評論を読むこともあるが・・・小生には、理解不能、かえって、写真と関係ない人、絵画の評論家、映画監督、作家の感想のほうが、当をえて、納得できる。
「写真にとって、美とは何か」そんなことを、まじめに捉え、道しるべを示してくれる写真評論家が、出てこないかなぁ。小林秀雄の評論集、吉本隆明の本が、二束三文の安い値で、古本屋の店先に並べられている現実を見たら・・・写真評論?・・無理かなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2014/02/17(月) 18:16:46|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪を撮る | ホーム | 雪の戸越公園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/217-948423ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR