fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

古梅                   池上梅園        

池上梅園の古梅。
梅園の梅1561-15
TRI-Xを現像するため開発した軟調微粒子(A)現像液を、
Retro80S用に、改良し(AⅢ)とした。
その現像液で、現像してみた。
Retroフィルム用に開発した軟調現像液(ⅥR)より、微粒子になったと思う。
梅園の梅1561-17
オーバー気味露光だが、軟調現像液なので、白飽和も抑えることができている。
暗い部分のディテールも残った。
Retoro80Sの豊かな階調性(トーン)を生かすには、いい現像液だと思う。

微粒子現像液の定番は、ミクロファインだが、
Retoro80の現像に使用したことがないので、分らない。

軟調をうたう市販の現像液、あるのだろうか?
ネットで調べると、新しい現像液はT-MAX現像液くらいだろう。
あとはミクロファイン、D-76、ロジナールなど 
由緒ある古い現像液が今も市販されていた。
軟調現像液は見当たらない。

ミクロファインは、昭和30年代の写真雑誌に広告が載っていたのを思い出す。
D-76は、戦前からある処方で100年くらい歴史がある。
ロジナールは、AGFAの処方で、150年くらい昔から売られていた。
数多くの現像液が、長い年月を掛けて開発され、使われたが、
残ったのは数種の処方となってしまう。

白黒フィルムを楽しむ人も少なくなったのだから、それも致し方なし。

白黒フィルムを楽しむなら、自分で配合した現像液で、自家現像する。
この贅沢を味わい尽くすのが趣味の神髄だと思っている。(と自分を励ましている)
スポンサーサイト



  1. 2023/03/10(金) 23:39:27|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中央公園の白木蓮                ContaxⅡ用レンズで撮る | ホーム | 旧品川宿の梅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2157-5d38904f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR