fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

S-Nokton の眼

KyivⅡ(ContaxⅡマウント)にS-Nokton 50mm F:1.5をつけて使っている。
KyivⅡのいいところは有効基線長が長いので、ピントを正確に合わせられること。
古いカメラ(1951年製)なので、時代の進歩から取り残され欠点もあるが、
基本的なカメラの機能は完備しているので、今でも現役で使える。
S-Noktonはコシナが2000年の初めごろ販売を始めたレンズ。
最新の技術が取り入れられ、品質の高いレンズになっている。
最新のレンズを古いカメラでも使えるのは、嬉しいことだと思う。

3時頃、家をでる。
東に向かい、三ツ木通りを歩いて行くと、
月が出ているのに気づく。
月を探せ-1 1554-2
R2(赤)フィルターをつけ、空を暗く月をくっきりと出そうと思った。
区役所通りの交差点近く、妙光寺の樹の緑を入れてフレーミングした。
期待したほど樹の緑は白く写らなかったが、空の月はくっきりと写った。
月を探せ-(2)1554-5
区役所通りの交差点を右に回り、区役所の方向に歩く。
JRの車両基地の上に月が昇っていた。
広い空に、月の明るさが一層増しているように思えた。
ネガを拡大して、画像を確認。
月を撮る-2
50mmレンズの画角だと、ネガに記録できた月は米粒にも満たないが、
レンズの解像度のおかげで、月面の文様も確認できている。
拡大画像を見ていると、月以外に小さく飛行機も写っていることに気づく。
飛行機を見つけろ-1
地平線近く、雲と雲の間に小さく写っていた。
羽田を出発した飛行機だろう。
ネガのほかのカットも調べてみたら、
飛行機を捉えている別の写真もあった。
区役所前通り1554-6
飛行機は意識の外、飛んでいるとは思ってもみなかった。
飛行機を見つけろ-2
レンズは、しっかりと、それを記録していた。

勿論、デジタルカメラの解像度は高い。
約1300万画素など、入門機レベル、あるいはそれ以下だろう。

悲しいかな、35mmフィルムでは1300万画素は限界に近い。
特殊な低感度フィルムを使えば、2000万画素くらいはだせるかなぁとは思うが、
対応できるレンズも限られるだろう。

S-Nokton 50mm F:1.5、かなり高性能なレンズという評価を受けると思う。
デジタル時代入っても、あえてフィルム用のレンズを作ったコシナ社の英断に感謝、感謝。



スポンサーサイト



  1. 2023/02/27(月) 22:19:55|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カメラの眼、レンズの眼、フィルムの眼、そして現像の眼・・・ | ホーム | 旧東海道品川宿にて              S-Nokton 50mmをコンタックスマウントカメラで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2150-4ed1582c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR