fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

旧東海道品川宿にて              S-Nokton 50mmをコンタックスマウントカメラで

人は、美しくだまされたいのだろう・・・・その人が見たいように脳は見えてしまう。
それがなかったら、夢を語る広告写真は成立しないし、
Fake news(プロパガンダ)に心を動かすこともない。
品川宿1550-8
川面を水鳥が右に泳いでいく・・・ 
それを見て、ちょっと変だと、見た瞬間感じた人は鋭い。
見た人をだます仕掛けが入っている。
もしトリミングし画像を整えていたら・・・・だまされる人は多いだろうなぁ。
品川宿1550-9
ニコンマウント用のレンズを、コンタックスマウントのカメラで使っている。
なんの細工も必要ない。
マウントの互換性はあると思う。
レンジファインダーの最短撮影距離 約0.9mから無限遠までピントは合ている。
品川宿1550-12
枝にピントを合わせた。距離は10mくらいだろう。
建物までは20m、f:4なら被写界深度の中にはいるが、f:2では少し外れる。
でも 像の崩れが少ないので、f:2でも解像感は出ている。
品川宿1550-13
昭和の記憶のような被写体だなぁと思った。
リアカーをつけた自転車が止まっていた。
ペダルに焦点を合わせ 撮影。
被写界深度を外れても、像の崩れ方(ボケ方)は綺麗で、解像感は残る。

S-Nokton、確かにいいレンズだと思う。
だますのは、常に人間の欲望、レンズに責任があるわけでもない。

使ってみて、今のところ、ピントが合わないという経験はしていない。
「ピントは合わない」とするネットの記事は、一体何なんだろう?
スポンサーサイト



  1. 2023/02/26(日) 09:46:17|
  2. 品川宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<S-Nokton の眼 | ホーム | 林試の森の河津桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2149-f05b38a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR