fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

林試の森の河津桜

2月3日、林試の森を散歩すると、河津桜の開花が始まっていた。
2月20日 そろそろかな、と思い、林試の森を散歩する。
林試の森1558-30
まだ 蕾の樹もあったが、陽のあたる所の桜は、満開を迎えていた。
林試の森1558-36
スマホで撮影する人は、花に近づき、1,2カット撮ると、それで満足なのか、樹から離れてしまう。
本格的な、デジタルカメラを持っている人は、
「量のない質はない」と言わんばかりに、樹から離れなれず、
ベストショットを撮ろうと熱心に河津桜を撮っていた。

使うカメラにより撮影スタイルも変わってくる。

赤みを帯びた河津桜の花を、白黒写真では表現できない。
逆光を利用し、白く輝く桜をバックにし、子供の姿をスナップした。
林試の森 等倍
後ろに大人が立っていることは気がついていたが、
暗い服装と枝の影が地面に落ち、バックの桜の輝きが、
子供の姿を浮き出させるはず、それがいいだろうと思い、シャッターを切った。
縦800ピクセルに縮小したが、像の崩れはなく、子供の顔も、後ろに立つ大人の顔も識別できてしまった。
本来ボツ画像だが・・・等倍に拡大して、びっくり。
首からぶら下げているカメラは、ハッセルブラッド。(おそらく)
手にはブローニーフィルムを持っていた。
ハッセルブラッドは 昔のアマチュアカメラマンなら一度は使ってみたい憧れの機種。
プロが使うカメラだった。
いまでも、ハッセルを使う人がいるのか・・・フィルムで遊ぶ人がいると思うと、少し嬉しい。(もしかしたらプロかも。)

よく見ると、視線は小生の方向、訝しげな表情だった。
年齢は40台だろう。かろうじてフィルム式一眼レフ時代を知った世代。
その前の時代に流行ったレンジファインダーカメラには、触らなかったと思う。
あの老人の使うカメラ、何だろう・・・と思ったようだ。
-------------------------------
逆光で、河津桜を狙う。
林試の森1558-37
すこしずつ後退し、シャッターを切る。
林試の森1558-38
林試の森1558-39
これで今年の林試の森の桜撮影は終了した。

この河津桜が咲く頃になると・・・池上梅園の梅もまた満開になっているはず。
そして、中央公園の白木蓮の蕾も膨らみ、すぐに開花する。
慌ただしい春が、また今年も巡ってくる。
撮ることになるのかなぁ。


スポンサーサイト



  1. 2023/02/24(金) 17:52:25|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧東海道品川宿にて              S-Nokton 50mmをコンタックスマウントカメラで | ホーム | コシナBessaR2S  ニコンSマウントカメラで目黒不動を撮る。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2148-82f59e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR