fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Nokton 50mm F:1.5

戦後 荒廃した日本に、雨後の竹の子のようにカメラメーカーができる。
二眼レフカメラは、作るのが簡単なので、
部品を調達し、レンズを調達すれば 
4畳半程度の家の中でも組み立てることができたという。
二眼レフカメラの名を集めると、AからZまで カメラがあると言われた。(ジョークか?)

小生が最初に使ったカメラは「スタートカメラ」だった。
改めて見てみると、35mmフィルムを切って裏紙に巻き、
12撮り(?)の長さのスプールになっていた。
レンズはどうだったか 覚えていないが、それでも結構良く写った。

それらカメラメーカー向けにレンズを作るメーカーもあったと思う。
カメラ名に隠され、レンズメーカーの名が表に出てくることはなかった。(覚えていない)
昭和30年頃になると、4畳半メーカーも淘汰されていき、徐々に現在の形に近づく。
その頃になり ようやくカメラでなく、レンズ名を冠したレンズメーカー?が現れる。
最初に覚えたのはソリゴールレンズだった。
その後、チバノン、コミナー、コムラー、タムロン、トキナー、シグマなどのレンズ専門メーカーが現れてくるようになる。
(チバノンもコムラーも同じメーカーか?)
しかし、Cosina AF-35を購入するまでコシナ社を残念ながら知らなかった。(購入は1979年;昭和54年)
この会社も、戦後の勝ち組会社だったのだろう。
レンズ専門メーカーからカメラ製造まで手を伸ばそうとする。(おそらく、国内のカメラメーカーに、レンズを卸していなかったからできたのだろうと想像する。)
AF-35の後、すぐに一眼レフカメラを製造したが、
カメラメーカーは既にマーケットに根を下ろしていたので、
新規参入は、難しかったのでは。
しかし、2000年頃になると、ニッチな市場を選択し、再びレンジファインダーカメラ(BessaRシリーズ)を製造する。
Nikon SマウントのカメラBessaR2Sは成功したとは思えないが(小生は購入した)、ライカマウントのBessaR シリーズはある程度の台数は売れたのではないかと思う。
勿論、カメラと共に、ライカMマウント用レンズ(フォクトレンダー名)を多種製造し、販売した。
ライカファンは高価なカメラの使い手、画質に関し「一言もった人」は多い。
そこでの品質評価が重要。
おそらく レンズを売ることが目的で、カメラはその手段だったのだろう。
フォクトレンダー名をつけた効果もあり、コシナ製レンズの認知度は上がり、
コシナは優秀なレンズメーカーという評判を得た。
何本か、コシナの交換レンズを購入したが、その中で良かったのは、
Skopar 21mm F:4とNokton 50mm F:1.5の二つのレンズ。
Nikon Sマウントの Nikkor 21mmレンズは、中古市場では レアなレンズで、とても高価、手が出せない。
Nikkor 50mm F:1.4(ゾナータイプ)は、開放絞りでは使う気になれないレンズだった。
その代替えとしてNokton 50mm F:1.5は 非常に魅力的なレンズに思えた。
購入し 使ってみると やはりいいレンズ、開放絞りから優秀だった。

Cosina AF-35 Cosinon 38mm F:2.7で撮影した古木の写真と、(一つ前の記事に作例を載せている)
同じコシナ社のNokton 50mm F:1.5で撮影したものとを比べてみた。
コシナ製Nokton1553-3
段違いの解像感、コントラスト。
コシナ製Nokton 等倍拡大
絞りのボケ具合もいい。

AF-35を欲しがるユーザー向けから、高級志向へ、
この20年で大きな生産技術の改革があったと思う。
安ければそれでいいという方向から、性能重視へ。
さもなくば 新興国、韓国、中国のメーカーに飲み込まれてしまうという危惧があるのだろうなぁ。
ブランド名「フォクトレンダー」も差別化には有効だろう。
デジタルになり、一時マーケットは拡大したが、
いまはPhone-Cameraに押され、カメラメーカーも先細りの傾向になっている。
デジタルカメラ(高級ミラーレス)は、ごく一部の愛好家が選ぶ ニッチな市場になっていくように思える。

レンズを必要とする分野は広い。
縁の下の力持ち産業だと思うが、
次の一手を どう進めるか、興味が湧く。
スポンサーサイト



  1. 2023/02/20(月) 11:13:20|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コシナBessaR2S  ニコンSマウントカメラで目黒不動を撮る。 | ホーム | コシナ AF-35  40年ぶりに使う(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2146-c1d0c569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR