fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

梅と桜

勝島運河まで散歩しようと、旧仙台坂を下っていく。
梅と桜1555-2
海晏寺を覗くと、白梅が咲いていた。
梅は枝振りというが、
梅と桜1555-3
花をアップで撮ろうと、距離計の限界まで近づいて一枚撮ってみた。
近づくほど、ピンボケかどうか、わかりやすくなる。

インターネットがない時代なら、
本や雑誌、そして技術系の文献を図書館で探し調べ、
実際に試して事実の確認をするが、
インターネットの時代になると、事実の確認がおろそかになり、
ネットの噂話が、そのまま事実のように語られるようになる。
ニコンSPのカメラでは、コンタックスのレンズとピントが異なり、
使用しない方がいいと助言する人ばかりが眼に付く。
(フランジバックは同じという人は多い、
基準にした50mmレンズの焦点距離が違うという人、
ヘリコイドのピッチが違うという人もいた。
一見、科学的論拠で語っているように見えるので、信用する人も多いようだ。
しかし、それを裏付けるデータの開示はない。
これでは恣意的で、信用できない。眉唾の話だろう。)

次の日、林試の森を散歩。
梅と桜1555-11
まだ春にはならない。
梅と桜1555-13
しかし、河津桜が咲き初めていた。
立春前というのに、早いもの。
河津桜が満開の頃になると、中央公園の白木蓮の花が咲き、それが目黒川の桜の開花へと繋がる。
老年になって、季節の移り変わりが早くなったと、感じている。
急がねば・・・・
これも、約1mまで近づきシャッターを切った。
ピントは合っていると思う。
-------------------------------------
レンズのことなど、違っても 大きな間違いを生まないが、
ネット社会になり、確かめもしない情報を発信する人が増えている。
Fakeニュースはキャッチーだし、何度となく繰り返され拡散すると、そうだと信じてしまう。

ウクライナとロシアの戦争をみていると、
Fakeニュースがネットを飛び交っている。
確かめようとするが・・・どうしても応援する方の情報に、アクセスすることが増える。(ロシア語は分らない)
すると、AIが履歴でも取っているのだろう、
関連した記事ばかりが、ヒットし提示されるようになる。
これがFakeニュースなら、何度となく繰り返されると、これが事実だと誤認しやすくなる。

沢山の情報に接することが、人間の心を豊かにするものに繋がっていない。
情報に溺れてしまい、知性の低下が起きているような気がする。
AIに支えられた検索エンジンに問題があるなぁと思っている。
スポンサーサイト



  1. 2023/02/07(火) 21:46:56|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんとなくアブストラクト | ホーム | 或る場所、あるとき。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2140-d2e0f947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (265)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR