fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

安楽寺にて

昨年の秋 
西五反田の安楽寺で撮影した写真。
安楽寺1517 #3-8
安楽寺1522 #2-5
安楽寺1522 #3-3
安楽寺1522 #2-12
安楽寺1522 #2-10
開発中の二液現像法を 実際の撮影で試していた。
そのため同じ場所に何度か通い、
帰宅すると、直ちに現像し、
トーンの違いや、現像の仕方を探っていた。
7月中旬から検討を始め、年末までかかった。
その間100フィート長巻約3缶(36枚撮り、約60本分)使ってしまった。
沢山撮ったが、「いいなぁ」と思える写真は少ない。

「量のない質はない」というが、
本当は「失敗に学べ」ということだろう。

嘗て「あなたはボタンを押すだけ、あとはコダックが」
(You Press the Button. We Do the Rest.)のキャッチフレーズで、
フィルム入りのカメラを売り出し、爆発的なブームを呼ぶ。
1895年スタイケンの母は、息子の希望をかなえ代金を渡す。
早速 業者に伝え、そのカメラを手に入れる。
業者はロールフィルムをカメラに詰め、彼に渡す。
50枚撮りだったという。
そのとき、露光ということの意味は分っていなかった。
撮影が終わり、業者に渡す。
戻ってきたネガで、プリントされた写真は一枚だけだった。
"Clear"が一カット、あとは"Over-"か"Under-"なネガで、プリントできなかった。

ピアノを弾く妹を撮ったカットだけが"Clear"と判定され、プリントされてきた。
父は、その写真を見て、これだけかと落胆、
母はそれでもよく撮れていると喜ぶ(励ます)。
少年スタイケンは、それから本格的に写真を撮ってみようと思うようになる。
アメリカの広告写真界に大きな足跡をのこしたスタイケン氏の原点。

彼は、失敗をバネに、更なる高みを志向するようになる。

 
デジタルカメラは、シャッターを押せば、なにがしかの"Clear"な写真が撮れる。
もし撮った写真が気に入らなければ、
「これはデジカメに問題があった。」と思ってしまう。
最新のあのカメラ、あるいは、あの神レンズで撮れば、きっと撮れたはず。
新製品の情報は、ネットからいくらでも入ってくる。
更に高価な最新カメラに交換し、高価なレンズを購入せよと、広告はうたう。
確かに高価なカメラ、最新のレンズは良く写る。

高価なデジカメには手が出せないと、いい写真が撮れないとしたら、
スタイケン氏のような人は、もう現れないだろう。

スポンサーサイト



  1. 2023/01/12(木) 14:06:11|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2022年 撮影拾遺 | ホーム | 碑文谷 円融寺にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2130-d1e60fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR