fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

自然教育園の秋 (17)             あざみ    Retro80S

初夏の頃、あざみは赤紫の花を咲かせる。
撮るならその頃、夥しい数のあざみの花が撮られていく。

しかし、花は盛りのみを 撮るものでないと思っている。
晩秋・初冬の自然教育園にあざみを追った。
あざみDSC09859
枯れてもなお残る凜とした雰囲気を感じた。
バックとのバランスを考え、内蔵の小さなフラッシュを焚き、背景を暗く落とした。
色彩は乏しいが、デジタルカメラは 正確に描写していると思う。
フラッシュを立ててフラッシュモードにし、フレーミングしてシャッターを押す。
煩雑なカメラ操作は必要ない。
この利便性はデジタルカメラの持ち味だろう。
更に、被写体に集中し、厳しくフレーミングし
最良のタイミングで、シャッターを切る訓練を強いるのが、デジタルカメラだと思う。
すごい撮り手が現れる素地は整ったと思う。

しかし、そのイメージが湧かない小生には、デジタルへカメラを替える勇気が無い。
撮れば、綺麗なだけの金太郎飴の様な写真しか撮れない。
意気地も無く、フィルムカメラで遊ぶ方を選ぶ。
あざみManRay1526 #1-6
戦前のシュールリアリズム時代の映像作家、ManRayが開発したソラリゼーション現像を使ってみた。
これは、ほんの少しソラリぜーション現像したネガからの画像。
現像液はやや軟調な(Ⅰ1)現像液を使用した。
ソラリゼーション現像したため、トーンの幅は狭くなり、硬調なトーンにしあがった。
あざみManRay1530 #1 -9
さらにソラリゼーション現像部分を増やすと、背景のススキの葉にトーンの逆転がでてくる。
枯れたあざみのはずだが、花として生き返っていた。
すこしシュール感がでる。
あざみManRay1530 #1 -13
完全なトーンの逆転は 起きなかったが、暗い背景が 明るくなってきた。
枯れても 尚、あざみの花だと思う。
あざみ二段現像1529 #1-11
二段現像で トーンの逆転とエッジ効果を狙ってみた。
あざみ二段現像1527 #2 -5
エッジ効果がでて、かつトーンの逆転も一部で起きている。
ManRayのソラリゼーション現像に似た効果がでたと思う。
フィルムの眼には、こう見えているはず。
人の眼には、シュールなあざみだが、
こんな花が、心の中に咲いてもいいのではないか・・・と思う。

あくまでもストレートフォットに拘る、レタッチソフトで作り上げたものではない。
あざみ硬調現像1537 #3-11
Retro80Sフィルム用に調整した一番硬調な現像液(Ⅱof)で現像した。
ストロボを焚き、絞りも最小のf:16まで絞っている。
この撮影法と現像液の効果を考慮したら、
マクロレンズで、一つの枯れたあざみの花に対象を絞るべきだったと思う。
あざみ二液現像1531-19
ニコンFに付いている50mm F:1.4のレンズは、一番初期のもの。
f:1.4の開放絞りでは、
甘いフレアーがでてコントラストは低下、
開放絞りでは使えないなぁと思っていた。
f:2.8まで絞りると、シャープだし、コントラストも高い、
ちょっとした甘さのを感じるが 雰囲気の出たいいレンズだと思っていた。
暗かったので開放絞りで撮影。
(Afx)-(BⅠ)の二液現像でフィルムを現像した。
現像促進液として(BⅠ)を選んだが、D-76似のトーンになることを期待した。
黒潰、白飽和を防ぐ効果があり、精細感のある写真ができる。
ただし、精細感と粒状感はトレードオフの関係に有り、
ときとして画像に粒状感が強く出てしまう。

スポンサーサイト



  1. 2022/12/23(金) 12:56:56|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自然教育園の秋 (18)         「武蔵野の秋」を三つの現像法で    Retro80S | ホーム | 自然教育園の秋 (16)                 Retro80S>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2120-6cf0de32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR