fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

自然教育園の秋 (11)                 八ツ手 Retro80S

鮮やかな色彩の植物を 撮ろうとしたらカラーがいい。
白黒とカラーの写真が 一つのテーブルの上に置いてあったら、
見た瞬間、美しい色彩のカラー写真に眼が行く。
白黒写真の評価は芳しいものではない。

逆に、色彩の乏しい枯れた花、朽ちた樹などは、
カラーより白黒モノトーンの写真のほうが、表現は豊かになる。

カラーはただただ美しく、よりキャッチーさを求めた写真になっていく。
多様性が叫ばれるが、デジタルカラー写真に関しては、どうやら その方向に向いていない。
よりキャッチーに、より美しくと追い求めたら、
多様性から離れていくことになるのではと危惧するが、
若い写真家がでてきて、デジタルカメラを片手に、
写真は、自己表現だなどと 言われると・・・首をかしげてしまう。(理解できない)
むしろ、写真をパーフォーマンスの一手段として捉えていくことになるのかもしれない。

デジタルの時代になり、この流れから取り残されてしまったなぁという感じがしている。
老人だし頭は硬くなっている、流れについて行かれないのは、致し方ないだろう。

八ツ手は 数年前 その面白さに気づき 撮ってみたが、足踏み状態だった。
撮りたいイメージはあるが、技術が追いつかない。
ようやく、現像液の開発に 一段落付いたので、再開しようと思っていた。
自然教育園の秋DSC09741
紅葉の季節で、いつもより 人影は多い。
散策を楽しみながら、紅葉した樹や、武蔵野の花にスマホをかざし 撮影する人が多かった。
勿論、高級なミラーレス一眼を持って散策する人も何人か見た。
以前は高級なデジタル一眼に望遠ズームの大きく長いレンズをつけ、丈夫な三脚を持ち、撮影する人を多く見たが、
今は三脚を持ち込む人は希になり、ミレーレスに長い望遠ズームをつけ、手持ち撮影していた。
デジタルカメラの撮影スタイルもかなり変化していた。
デジタルだと、八ツ手にカメラを向ける人は まずいないと思う。
撮ってプリントし、それを観てもらっても、「綺麗だ、感動した」などの感想を聞くことはないだろう。
自然教育園の秋1537 #3-10
一番硬調な現像液を使用した。
自然教育園の秋1526 #2-9
(Ⅰ)+(Ⅱof)のコントラスト強調二段現像で処理した。
自然教育園の秋1530 #2 -9
(Ⅰ)+(Ⅱ)の二段現像でエッジを強調する条件で現像した。
茎の部分に黒いエッジが太く出ている。
全体のトーンもかなり変化している。
自然教育園の秋1529 #1-30
(Ⅰ)現像の時間を少し減らし、(Ⅱ)現像を時間を少し長くすると、
徐々に 擬似的なソラリゼーション効果がでてくる。
自然教育園の秋1528 #2 P
更に強くその効果がでるよう現像条件を調整した。
すると 銀塩粒子が出て来てしまう。ザラッとした銀粒子は、余り好ましいものではない。
自然教育園の秋1528 #2 P2
露光量を二絞り分少なくして撮影したコマは、一部のトーン(白)が逆転し、
ソラリゼーション現像と同じような写真になった。
自然教育園の秋1526 #1-12
これは(Ⅰ1)現像液(やや軟調な現像液)を使用した、ManRay法によるソラリゼーション現像例。
弱くソラリゼーションし、エッジをだそうとしたもの。
(すでに、このブログにのせたものの再掲載です。)

白黒フィルムの方が、地味で目立たない被写体向きだと思う。
それに、工夫次第で トーンは変わっていく。
様々なバリエーション(多様性)が可能、挑戦し甲斐があると思う。
でも これを 「写真による自己表現」と偉そうに言って良いものか・・・躊躇する。
そんな気概は持っていません。

スポンサーサイト



  1. 2022/12/12(月) 12:31:55|
  2. 八つ手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自然教育園の秋 (12)                倒木 Retro80S | ホーム | 自然教育園の秋 (10)                 すすき Retro80S>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2114-28f43957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (20)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR